THE INSECT HUNTER
2015
0124
静岡

THE INSECT HUNTER 2015


びおすけ、亭主関白を夢見る。
  


みなさん、お風邪などひかれずお元気でお過ごしでしょうか?


にわかオサ屋の、びおすけです。



遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします!


さて・・・今年最初の採集記となりますが、


毎年、年明け最初の採集はオサ掘り!なわけなんですが・・・

にわかオサ屋としては今年もやはりオサ掘りだっ!などと言ってしまうと、

それはも〜、ヒネリも何もない展開で大変申し訳ないのですが・・・






今年もやはりオサ掘りでスタートです!!










というわけで、行ってまいりました・・・が、諸事情により、なかなかひとりきりで「ふら〜〜」と

出かける事ができにくい昨今、今年最初の採集はやはりというか、奥さんと週末ドライブがてらの採集です!

普段、お互い仕事に明け暮れていると、ちょっとしたスキンシップはとても大切ですね!

そうした意味でもドライブはいいですね!


しかし、いつもこういう状況であると、観光やショッピングがメインで、採集が付け足しになりがちなのですが・・・。

いや、せっかく行くのですから、今回こそ(?)採集はしっかりやりたいと思います!って言うか、

奥さんにも掘っていただきますっ!(強気?)


まあ、二人で掘れば自ずと成果も変わってくるだろうという目論見です。

しかし、普通に奥さんにお願いしても、興味もないオサムシのために掘ってくれるはずもなく、

「はぁ?!」って言われて終了すること間違いなしですし、だからといって高圧的に


 「さあ!掘れ!掘るんだ!!!」


と檄を飛ばすわけにもいかず、そもそもそんな口のきき方をした日には、

頬を張り飛ばされるのがオチですし、下手をすると命を取られる危険性があります!


そこで、した手に出て(?)条件をつけることにしました。


(1) レアなオサムシが掘り出せたら、欲しがっていたワンピースを買ってあげる

(2) それ以外のオサムシを掘り出せたら、何かご馳走してあげる


こうして堂々とギブアンドテイクな交渉に持ち込み(?!)、奥さんを納得させることができました!(涙)



初夢には少し遅いですが、こうして亭主関白な家庭を夢見る びおすけは、

奥さんと二人三脚のオサ掘り道中に出かけてまいりました!!


よーし!がんばるよーー!!









     
今回ドライブ・・・じゃなくて、採集に行こうと思った

のにはもうひとつわけがありまして、年末にタイヤ

をスタッドレスに履き替えたので、その効果も少し

試してみたかったんですが・・・


この日は生憎(??)天気がまあまあで、特に雪も

凍った場所も無く、その実感を味わうことが叶いま

せんでした。


高速を走ってもこのタイヤ、ノーマルタイヤに比べ

ても特に違和感のない優れた乗り心地でした。



まあ、近いうち実力を試させて頂くよ・・・フフフ・・・。




   
さて、ひと走りして山にさしかかり、ようやく途中で

気になる林道が見えたので、近くに車を停めて、

そこから二人で林道へ歩いて入ることにしました。


林道の途中、駿河湾が望める場所がありました。

湾の向こうには伊豆半島の山々が見えます。


雲の切れ目から湾にふりそそぐ光が神々しく見え

ました。

こうした海に近い場所なら林内も土が凍っている

ことはないでしょうし、オサ堀にはもってこいです。




  
スギ・ヒノキの植林がメインの何の変哲もない、

よくある山のようです。

下手に明るく乾燥した林よりかは狙いのオサムシ

がいそうな気がしますが・・・。


林道に沿って小規模な崖が続くのですが、擁壁

などで土留めはされていない代わりに、土砂流出

を防ぐ金網が法面に張られており、思ったよりも

掘れる場所が少なそうです。


しかも崖の土はかなり乾燥しており、さらに小石

が混ざっており、あまり良い土質には思えません。




  
スギやヒノキの植林は暗い緑一色で、いかにも

彩(いろどり)が無く、つまらなく感じます。


そんな中を歩いていると、一際目を引く花があり

ました。


冬咲きのスイセンでしょうか?冬場に暖地に採集

に訪れると良く見かける花です。


なので、オサ掘りとイメージ的にリンクする花だと

言えます。

なので、びおすけはスイセンを見ると、オサ掘りに

対するやる気が上昇してくるのです。

よーし!がんばるよー!




   
林の中は乾燥が強そうですが、なんとか良さ気な

崖を見つけて掘り始めます。

しかし、普通に土が表面に見えている崖は乾燥が

きつく、たまにヤスデやトビムシが出てくる程度。


奥さんもちょこちょこと掘ってるみたいですが、当然

何も出てきません。


う〜ん、このままではモチベーションの低下を招き

せっかくのオサ掘りスキンシップが台無しになって

しまいます!


もう少し良い場所はないものかと探していると・・・





 
いかにもオサムシが潜んでいそうな根っこがから

んだ崖がありました。

ここなら何かしら掘り出せるんじゃないかと思い、

がんばってみましたが、やはり何も出てきません。


こりゃ、思ったよりも苦戦を強いられておるぞ!!


とにかく最初の1頭は きっちりと びおすけが掘り出

して、男の意地を見せる必要があります。

ここが亭主関白への第一歩!!


がんばれ!びおすけ!!

(相当追い詰められている・・・・)



 
   
それまでいかにも掘りにくそうなので、あえて避け

ていた場所がありました。

ゼニゴケがびっしりと貼りついた崖の一部です。

しかし、他にあてが無いので仕方なく手をつける事

にしました。


試しに手鍬を入れてみると、厚いゼニゴケのマット

に阻まれて抵抗がありますが、そのマットに鍬先

を引っ掛けて持ち上げると、ずっしりと重いマット

がベロベロベローっと、いっぺんに剥がれます。


見ると、崖の表面とゼニゴケのマットとの間には

ほどよい湿度が保たれた土がとてもいい感じ!!


よく見ると、土の間からちょこんと頭をのぞかせた

オサムシの姿が!!



 
 
ニシシズオカオサムシです!


そうか!すっかり忘れていたけど、苔むした倒木の

苔を剥ぐとオサムシが出てくる事がよくあったけど、

ゼニゴケもそれと同じなんだ!!

オサムシにとっては崖の表面に被せた掛け布団

のようなものなのですね!

せっかくの眠りを妨げて悪いけど、これなら他にも

見つけられそうです。


それまでの崖では見られなかった湿度が保たれた

同じような場所からはもう1頭、ニシシズオカオサが

出てきました。




Carabus (Ohomopterus) e.suruganus UJIIE,

ISHIKAWA et KUBOTA,2010

シズオカオサムシ富士川流域以西亜種

ニシシズオカオサムシ(通称)



体の光沢の強いシズオカオサムシですが、この

亜種は特に光沢が強い気がします。


それはともかく、びおすけ、ようやく亭主関白に

1歩近づくことができました?!




 
さて、採り方がわかっちゃったかな〜!?っと

余裕をかました途端に、いきなり後が続かなく

なりました・・・。


良さ気な崖も見当たらず、しばし林道を二人で

とぼとぼと歩くことになりました。


この日はいまいち雲が多く、晴れていれば富士山

もよく見えただろうな〜と思います。そういう景色

も楽しめれば、ただの林道歩きももっと楽しいん

ですけどね!


 

なんとか掘れそうな崖を見つけてはちょこちょこと

やってみますが、オサムシは出てきません。


奥さんもちょこちょこと掘ってますが、ミミズ以外に

は何も出てこない様子。


途中で土からコロリと転がり落ちたのはクロシデ

ムシでした。びおすけはシデムシが苦手なので

スルーです。とりあえず可哀想なので埋め埋め

しましたが・・・。


こんな調子ではまたモチベーションが下がります。

さて、どうしたものかと考えあぐねていると・・・

道の少し先で掘っていた奥さんが呼んでいます。


どうやら、何かを掘り当てた(?)らしいです!




   
おお!?

ニシシズオカじゃないか! 奥さんでかした!!

本当に何気ない場所ですが、崖の表面はやはり

ゼニゴケで覆われている場所でした。


それにしても、よくこんな何もない場所を掘って

見る気になったものです。

ていうか、掘ってみないとわからないものですね!


さて、これで びおすけ2exs、奥さんが1exです。

びおすけもがんばらねば!


亭主関白するんだから!

目指せ!!亭主関白!!




   
奥さんが掘り当てた場所はこんな感じの本当に

何気ない小さな斜面でした。


いい感じにゼニゴケをはじめとした地被植物類に

覆われています。


奥さんもひとつ出したので少しやる気が出てきた

ようです。執拗に1頭出た近くを掘り続けています。




   
そして奥さんがもうひとつ出しました!

やはりニシシズオカです。

奥さん、二つ出して、いよいよレアなオサムシも狙い

はじめ鼻息が荒くなってきました・・・。


何といっても着たいワンピースがかかっています

からね!あれ、けして安い買い物じゃないからな〜。

こうなると びおすけもオサムシが出た方がいいの

か出ない方がいいのか?!

よくわからなくなってきます・・・。


う〜ん・・・それにしても、他の種類のオサムシは

おらんのかいな?

せめてスルガオサくらい出ても良さそうだけど、

微妙に生息環境が違うのかしら?




 
その付近を掘っていた びおすけにもようやく当たり

がきました! またニシシズオカです。

しかし、これで、びおすけが1頭リード!


ところが!


その直後!今度は奥さんが3頭目を掘り出して意地

を見せます!


これで、お互い 3exsずつのイーブンです!


しかしそれにしてもかなり低レベルの争いです!?


びおすけの亭主関白への夢は果たして!?




  
さて、奥さんが見つけたポイントも掘れそうな場所

はだいたい掘ってしまいました。


次もまた良い場所を・・・と探しましたが、良い崖に

めぐり合えないまま、その短い林道は終点に到着

してしまいました。


あとはもう来た道を引き返すだけです。


掘り残しはないか?見ながらの帰り道でしたが、

とうとうオサムシの追加はなりませんでした。


結局、お互いイーブン・・・引き分けです!微妙!!




   
びおすけは勝てなかったので、亭主関白実現に

は至りませんでしたが、どうにか面目だけは保つ

ことができましたし、奥さんもワンピースはなりま

せんでしたが、ご馳走はゲットしたということで・・・


まあ、めでたし、めでたし・・・ということでしょうか?

やはり仲良しが一番ですからね!



帰りがけに、最寄のサービスエリアに立ち寄り、特設

イベントを見たりして楽しみました。




   
夜は、オサムシ採れたらご馳走・・・の約束を守る

べく、都内の八重山料理メインの沖縄料理屋さん

に行きました!

お互いの健闘を称えて乾杯!

ここの八重山そばが食べたくなると、たまに訪れる

お店なのですが、ゴーヤチャンプルーやポーク玉子

といった代表的なものはもちろんおいしいですし、

特にオススメは、島らっきょうの天ぷら・・・。

オリオンビールと良く合います!


そういえば、今年のGWは沖縄が熱そうですね!

今のところ自分は行く予定はありませんが・・・

いずれ行ってみたいものです!


今年行かれる方々の幸運をお祈りいたします!




   
■本日の成果

ニシシズオカオサムシ 1♂ 5♀
オオアトボシアオゴミムシ 1ex

       
END




   
           
 
THE INSECT HUNTER 2015
inserted by FC2 system