THE INSECT HUNTER
2009
0516
山梨

THE INSECT HUNTER 2009

               
      
よくわからないけどヒラタムシ上科る!
  
 

 

 
 
甲虫屋さんはご存知かと思いますが、最近このような

素晴らしい図説が出版されました。

このあたりの種類はちんまくて地味だなぁ〜と思って

ましたが、よくよく見ればどの種類も奇妙で珍奇な虫

ばかりで面白そうですね。


さて、影響を受けやすい びおすけ。

今まで、同定ができないので見て見ぬふりをしてきた

この仲間。この図説があれば絵合わせでもなんとか

なるんじゃないか?と思い、ただ同定がしたいがため

だけにヒラタムシ上科を狙って出かけてみたのですが

・・・。

  
  


     
ちょぉ〜曇天・・・


・・・ていうか、出がけに雨降ってたし・・・






とりあえず、今は雨が降ってないだけでも

ありがたいって感じです。

  
  
とりあえず目的地までの道すがら、開花の状況

を見たり、枯枝を叩いたりしてみることにしました。


カエデは一応咲いてますが、こんな低温では

虫なんかこれっぽちもいやしません。


ネットを用意するだけ無駄ですね・・・。。

  
 
ズミは咲き始めみたいですが・・・




こちらも、もちろん虫なんか来てやしません。

  
   
歩いていて、ふと、異様な気配を感じました。




引き寄せられるように そちらへ向ってみると・・・

 
  
罠にかかったのか??

誰かが檻で飼ってるのか??


イノシシらしきものが・・・!?




「フガッ!!フガッ!!」



と鼻息荒く動き回ってるのを見て、一目散に

逃げ出しました!

(襲っては来れないとわかっていても怖いYO!)

  
 
びおすけ号にてその場を脱出!!

だいぶ遠くまで逃げました(爆







しばらくしてこんなアカマツがありました。

何となく良さ気だったので、周囲にビクビク

しながら叩いてみましたが・・・


 
何もいねぇ〜し・・・


   
もう一回、位置を変えて叩くと

今度は ドイちゃんが!!


やたっ!


  
 
これに気を良くして、適当にあちこち叩きます。



んで、こんなとこを叩いたら

 
  
ヘリグロチビコブっ!!  ミヤマチビコブっ!!

やたっ!!



まあ、いつものヤツって言えばそうなんですけど。

いてくれるだけ、ありがたいじゃないですか・・・。




おっと、開花状況も見ておかないといけませんね。


  
こんな花や・・・


   
こんな花が咲いてますが、

虫はひとつもいません。


  
やっぱし今日は叩きだなっ!

と思い、アカマツ林に突入します。



もちろん狙いはヒメシラオビなんですけどね・・・


  
・・・いねぇ〜し・・・







いたのはマツキボシゾウムシくらい。


ケッ!!

ヒメシラオビなんてもうもういらねぇ〜YO!

(暴言)


  
ふと目についた、樹皮の剥がれかけた立ち枯れ。

だいぶ古い産卵痕がありますね・・・。




そう言えば、本来の目的をすっかり忘れていましたが

ヒラタムシ上科はよ??


あれら狙うなら樹皮剥がしたりしないといけないんじゃ

ないかしら・・・?


  
とういうわけで、良さ気なアカマツ丸太が・・・。


何かいるかなぁ〜?


オラに同定させてくれぇ〜!!

ハァ・・・ハァ・・・。


・・・失礼して樹皮めくらせていただきますよ・・・。
 

  
ヒラタムシ上科!!キターーー!!


「同定!!同定!!」




・・・ていうか、同定するまでもなくベニヒラタだし。

そもそも、あの図説には出てない上にあまりにも

スタンダードすぎるし。

(次回作には登場するのでしょうか・・・?)

  
  
平たいの!! キターーー!!


「同定!!同定!!」




・・・ていうか、オオヒラタハネカクシだし。

ヒラタムシ上科じゃねぇ〜し・・・。


   
ハイッ!!次ぃ〜!! キターーー!!


「同定!!同定!!」




ちょっとそれっぽいけど、全然違うし。

トビイロセスジムシだし。


でも、これはこれでカッコよかったりします。


  
ハイッッ!! 次ぃぃ〜〜!! キタキターーー!!


「同定!!同定!!」


くぅぅぅぅ〜!!惜しい!!

ヒゲナガヒメヒラタムシ かぁ〜!!

今回の図説には出てないYO!!


  
ハイよぉ〜!!次、次ぃぃ〜!! キターーー!!


「同定!!同定!!」

・・・って、小さすぎて生態写真は撮れなかったん

ですけどね・・・。


惜しいっ!!かすってる!かすってるよぉ〜!!

クロオビセマルヒラタムシ !

これも今回の図説外ですっっ!!


   
ハイハイっ!!次、次ぃぃ〜!! キタタタタタ!!


「同定!!同定!!」





全然違うし。 ヒサゴゴミムシダマシだし。




・・・・さすがに疲れてきました・・・。

・・・・もう、いい・・・(ボソッ)


  
・・・というわけで、残念ながら図説で同定したい虫は

採れませんでした・・・。

ヒラタムシ系だから樹皮下、というのはあまりにも

安直すぎたようです。

もっと別の採り方があるんでしょうね。



それにしても、ヒラタムシ系って意外と種類多そう・・・。

それだけに奥も深そうですね。


あの図説のシリーズ化に期待しちゃいます。


   
一方、同じアカマツでも立ち枯れの樹皮下には

オオクロカミキリの☆個体がたくさんあったとさ・・・。


 
そして、なし崩し的に帰りがけに掬ったカエデに

いたアカイロニセハムシハナを大事に胸に抱き

つつ、家路を急ぐ びおすけなのでした・・・。


めでたし、めでたし。


  


    
END

   


     
    
 
THE INSECT HUNTER 2009
inserted by FC2 system