THE INSECT HUNTER
2007
0324
栃木

THE INSECT HUNTER 2007

                 

            
エタアクリル酸の誘惑 〜オサ掘シリーズ(3)

           
ドライブBGMは決まってる。
・・・・リアちゃんの「Softly」

だがしかし、肝心の行く先が
決まらないのだ。

以下独り言・・・・

オサ掘りももうすぐシーズン
オフだな〜ボウソウマイマイ
採りたいしウグイスオサ見
てみたいしモンローマイマイ
絶対採らないといけないし
オレンジオサなんて採った
日には祝杯あげるだろ〜な
でもここ数日暖かい日が続
いたからもう外で活動してる
可能性もあるな〜やっぱり
北に行かないとだめかな〜キタカブリかよ?ちょっと遠すぎるな〜マークも遠すぎる
よな〜泊りじゃないと行けないよもう少し近い場所でいいとこないかな〜・・・・・・・

ああああああ忘れていたよ!今年はまずアキタクロナガを採るって決めてたんだよ
そうだった忘れていたよ!アキタクロナガだアキタクロナガだよしアキタクロナガに
決めた!!


・・・・・と、いうわけで決まりました・・・・・。
   
   

・・・・で、到着しました。
ここは某河川敷。

雰囲気はなかなか良い感じ
だけど、ちょっと乾燥している
かな〜?

林床の倒木は数多いけど、
案の定、乾燥してパサパサ
&カチカチなものがほとんど。

   
できるだけ林内の奥に分け入
るようにして、材を探す。

しかし広大な河川敷。とても
じゃないけど全部なんて見き
れはしない。

もはや勘だけが頼り・・・・。
でもこの勘がまた感度が悪い
ので無駄な歩きが多い・・・。

  
探すこと30分。やっとそれらし
き材を発見。コナラの倒木。
苔むした樹皮が残っている。
樹皮はかなり浮いた状態だ。

そ〜っと剥がしてみる・・・・。

   
あっ!ついに発見!

クロナガ?それともアキタ?

  
あっ!前胸が青い! アキタだ♪ 

恥ずかしながら初採集! 
 
      
アキタクロナガオサムシ

Apotomopterus
porrecticollis
porrecticollis (BATES)
1883

う〜〜〜ん!!カッコええ!

最初見た時はクロナガぽく
見えたけど、よくよく見れば
全くの別物・・・。

上翅の造形など、さすがに
マークオサの近縁って感じ。

実物がこれほど素敵だとは
思わなかったよ。

   
別の位置の樹皮を剥ぐと数頭かたまって入っていた。

  
コクロナガ?系も一緒に入っていた。 トウホククロナガ?

 
丘孔点列を見ると基部約1/3あるかないか・・・ということは?
    
 
トウホククロナガオサムシ

Leptocarabus arboreus
parexilis (Nakane) 1960

コクロナガオサムシの1亜種。

けっこうカラカラに乾燥した
材にも単品で入っている事
もある。

クロナガ系・コクロナガ系の
違いのわかる男になりたい
と切に思う今日この頃・・・。

     
樹皮剥がし採集はいいです。
フレーク壊さずに済むし。

樹皮をそっと戻しておけば、
また来期も同じ場所に入って
いるかもしれないし。

また別の場所を探してみる。

  
アカマツの立ち枯れを削ると、そこにもアキタクロの姿を見る事ができた

   
ヒメマイマイがいないかと
木のウロに溜まった土等を
掘って探してみたが、何ヶ所
かあたってみたものの、全く
見つけることができなかった。

マイマイの数は少ないらしい
けど・・・残念。

  
思っていたよりも気温が高く、日差しもそこそこ。虫を探してると汗ばむほど。
この陽気につられて、ミヤマセセリやキタテハなどが飛んでいた。

    
林床ではキクザキイチリンソウ
が花を咲かせようとしている。

いわゆるスプリングエフェメラル。
春の訪れを感じさせる可憐さ。

虫ではありませんが「BSE」
に認定させていただきます。

※BSE・・・2006/4/15採集記
 を参照して下さい

   
  
結局、アキタクロナガとトウホク
クロナガしか見つける事ができ
ず、ゴミダマ・コメツキを少しつ
まんで帰る事にした。

マイマイやクロオサ系も見れれ
ばよかったのだが・・・。

一応、目的は果たせたので良し
としましょう。
   
  
     
    
    


THE INSECT HUNTER 2007
inserted by FC2 system