THE INSECT HUNTER
2006
1015
山梨
THE INSECT HUNTER 2006

  
                 


             
秋の陣2006〜アテのある旅



先日採りに行ったばかりのアテミア。

おかげさまで、とりあえず1頭採れたのだが、せめて1ペアは欲しいなぁ〜・・・と、考えていた矢先、

Genkaさんから超レア産地のアテミア発見!の一報が入った。

ドひゃぁ〜!!!と度肝を抜かれたわけだが、この事がきっかけでこの風変わりなカミキリ「アテミア」

にどっぷりはまってみようと思った。


びおすけもGenkaさんの二番煎じで某レア産地も狙いたいし、できれば地元神奈川県産なんてのも

叩き出したい!という気持ちなのだが、まずは1ペア揃えておこうと考え、先日と同じ場所に採集に

行くことにした。先日の1頭が♂(たぶん)だと思うので、今度は♀が採れれば任務完了である。


今回は既採集地なので、一応「アテ」はあるのだが・・・・。さてどうなることやら・・・。


  
   
Genkaさんの報告を受けた後だったので、ちと興奮

気味であったため、急ぐ必要もないのに現地に早く

到着してしまった・・・。

第1ポイントは前回、るどるふさんが健忘症(?)の

ため思い出せなかった場所。

それにしても暗い林内だ。
 
   
ネズミサシは健在(当たり前だけど・・・)。

で、ご挨拶。

『本日もよろしくお願いいたします!』 この謙虚な

気持ちが大切なのだ!(爆

では、掬ったり叩いたりしてみましょうかね・・・。

ビシバシステム!!(古っ!)
 
   
アカクビナガハムシが落ちた・・・・。

るどさんが「キィキィ言う」って言ってたから、

聞いてみた。

『キィキィキィ・・・』   

うん。確かに・・・。

 
帰化昆虫ブタクサハムシが落ちた・・・・。

最近分布を拡大してるそうだが、ブタクサなどを

食べるので、花粉症が減るんでは!?と期待され

ているらしいですね・・・。 ほんとにそうなったら

うれしいな・・・。

   
イトトンボが落(以下略

・・・・・・・。  とっとと飛んで逃げてください・・・。




というわけで、第一ポイントではアテミアNULL。
  
 

  
 
次、第2ポイント。


実はここ、前回1頭採った場所なんだよね〜。

で、期待は大であったが、風が意外と強く吹いて

おり、うまく掬えない!

実績のある木でも粘ったが、ついにアテミアの姿

は見れず敗退・・・・。
 
  

  
  
で、早くも第3ポイント。

第1ポイントと同じように林内の探索になる。前回

ここは るどさんが1頭追加で採った場所だ。

第1ポイントに比べて明るい感じがする。

林内だから風も吹いてないし、最高!

    
林内を歩いてみると、そのネズミサシの多さに

とまどう。どれを掬ってもアテミアが採れそうな

雰囲気の木ばかりだ!何本か掬った後、これは

というオーラを放った木を発見。樹高は10mくらい。

まず天辺の方から攻める。1回目×。2回目×。

3回目・・・・。
   
  
・・・・・・ん!?

何かちょこまかと動いてるよ?
  
     
アテミア!! キターーーーー!!

前回採集した個体より大きいので♀かと思ったが、よく見ると♂のようだ。

アテミアも大きいとますますかっこよく見える(・・・と言っても7mmくらいだけどね)。

 
大きいけど♂だったので、さらに♀を求めてさまよう。

そういえば、Genkaさんは某産地に於いて枯枝から割り出していたのだっけ?

それじゃ、自分も探してみよう!という事で、手が届く範囲の枯枝をポキポキしてみる事にした。

下枝が中心になるわけだが、太目のボールペンくらいの太さのものが多い。

何本目かの枝、まだ赤く枯れた葉っぱがついてる状態の枝があった。

手を伸ばしてポキッと折ってみる。
  
  
ああああ!!幼虫だぁ!!

し・・・・しかし残念な事に、まともにストライクゾーンに入ってしまったらしく

傷つけてしまった・・・・。 う・・・ごめんなさい・・・・><


ネズミサシにはヒメスギカミキリも食い入るようだが、この頭部の肥大した感じからして

アテミアの幼虫だった気がするんですけど・・・いかがでしょうか・・・・??
   

     
気を取り直して、♀を求めてさまよう・・・・。

これまたデカイ木だ。樹高は10m以上あり、枝張り

も3mくらいありそうだ。 これはいるでしょう・・・。

やはり天辺の方から掬い、確認のため竿をスルスル

と下ろしてくると、ネットリングの縁に何かついてる!
 
   
そいつが翅を広げて飛びそうになったところを

あわててネット内にはたき落とす。

中をのぞいて確認すると・・・・・

やった!! 2頭目ゲトーーーーーーー!!

最初の個体に比べると大きさは5.5mmくらいで

かなり小さく感じるけど・・・。しかも、また♂だ。

   
でもとりあえず追加ができてよかった〜。

やはり背中の模様は個体によって微妙に違うんですね。

     
さぁさぁ!!♀を採るぞぉ!!

とりあえず木を選ばず、目に付いたものから掬って

みる。高さ3mくらいのしょぼい木も掬うよぉぉ〜!

ガサゴソ掬って、ネットの中を確認。

   
ん? 何かアワフキムシのようなものが?

あれ?これアテミアじゃん!! やったーーー!

ふ〜ん、アテミアも擬死なんてマネするんですね〜。

ちょこまか逃げるイメージがあったので意外です。


見るとこれどうも♀のようだ。

   
↑ 最初に採った♂ 体長7mm

   触角は若干長め。肩が張って体型は尻すぼみ。
↑  ♀ 体長5.5mm

触角は若干短め。肩はなで肩。体型は
上翅の両側がほぼ平行で四角い感じ。

 
アテミアって見れば見るほど、味わいのある虫ですね・・・。なんだか不思議。
  

  
目標としていた♀個体も採れたところで、エンド。

約4時間かけて探して、やっと3頭ですから、やはり

個体数は少ないのでしょうか?いる場所にはもっと

たくさんいると思うのですけど・・・。


さあ、次はどこのアテミアを探そうかな・・・。
    
    

   

THE INSECT HUNTER 2006
inserted by FC2 system