THE INSECT HUNTER
2006
0923
静岡
THE INSECT HUNTER 2006

 
                 

              
秋の陣2006〜魅惑の黒紋



 「う〜〜ん、採りに行きたいけど遠いよなぁ〜・・・。片道5時間コースだもんなぁ〜・・・。

 それに目的地の直前はかなりの悪路と聞くし。 びおすけ号で行けるかなぁ〜。 心配だなぁ〜。

 嫌だなぁ〜。家で寝てたいなぁ〜。」



 再び手元の図鑑を開いて眺める。

 『近似種とは上翅に横長の黒紋を持つことで区別できる。
  6〜9月にみられ、本州中部山岳の落葉広葉樹林(ブナ-トウヒ帯)に生息している。
  寄生植物としてブナ、トチノキ、ヒノキ、ツガ、モミ、ナラ類が知られている。
  カエデ類の枯葉を後食するという。本属としては♂♀による性差が少ない。』

 再び図鑑を閉じる・・・。ふぅ〜・・・。


 「・・・・ああ、憧れの虫だもんなぁ〜。 やっぱり行きたいなぁ〜・・・。どうしようかなぁ〜・・・」



 ・・・というわけで、やっぱり 行ってしまいました。

  

びお 「まだ来ないね〜。遅いな〜」

    ・・・○○平で待つ事 1時間。もう約束の時間になるのに・・・。

うめ 「ほんとに今日なの?来週の間違いじゃないの?」

びお 「そんな事ないよ。おいらが間違えるわけないでしょ」

うめ 「いや、怪しいな〜・・・」

びお 「そんな事ないってば・・・。 ん、携帯・・・あ!るどちんからだ。
    もしもし?るどちん?どこにいるって?もう着いて待ってるよ。レストハウスの前・・・。
    え?○○坂? 今、○○平・・・。 え?待ち合わせ○○坂だっけ!?え〜〜〜!??」

うめ 「・・・・・・」

びお 「やばい。場所を間違えた!うるちまさんにも連絡しなきゃ!
    もしもし?うるちまさん?ご・・・ごめんなさい間違えて○○平で待ってました。え?もう
    ○○坂にいる?すいません、すぐ向かいます〜!」

うめ 「・・・・・・」

びお 「・・・・・というわけで行きますか・・・・」

うめ 「・・・・・・」

びお 「待ち合わせ場所の名前が似てるから間違えちゃったんだよ〜」

うめ 「ふぅ〜・・・(深いため息)・・・・・ヌッコロス・・・」

びお 「あ、やめてごめそんなつもりぢゃ。あ、もう○▲×だ■や※⇔あひ」
              
 
そんなこんなで待ち合わせ場所に到着・・・。

びお 「おはよす、どうもすいませんでした〜・・」

るど・うるちま 「おはよす〜」

うめ 「採集記のネタにするためわざとやってるん
    じゃないだろうな〜」

びお 「・・・・・」

 いや、「素」で間違えました。ごめんなさい。

    
   
というわけで、向かうは以前からその筋にはよく知ら

れた採集地。噂によればなんでも必ず採れるらしい。

そう・・・あの虫が・・・。

天気は良さそうだけど台風の影響があるから、きっと

山は不安定なんだろうなぁ〜。

今回の参加者は、うるちまさんとジュニア君、るどさん

とr.matsudaさん、うめちゃんと自分の6人であります。
 
   
さて、先を急ぎましょう。高速を降りてギュイ〜〜ン!!と目的地に向かう。

うるちまさんは以前に一度行った事があるそうで、昔ルリクワ系狙いで行った事のあるr.matsudaさんと

と共に現地の事情を知る貴重な経験者だ。しかし、残念ながら狙いの虫は採れなかったとの事で、今回

はリベンジとなる。r.matsudaさんもカミキリ探しとしては初めての場所。るど、うめ、びおにとっては全く

初体験な場所で不安が残るが、各人やる気だけは満々。荒い鼻息も聞こえてきそうなほどテンションは

高い、が・・・・。 そんな中でへらへらして緊張感がないのは びおすけくらいなものである。

途中、休憩ポイントにて車を停めるが、みんなさっさと行こうとしてるのに びおすけは腹ごしらえに余念

がない。 ああ!この焼きおにぎり、おいすいぃ〜〜〜!


うめ 「なんだって焼きおにぎりなんか食ってんだよ。みんな待ってるだろ!」

びお 「だって・・・おなか減っちゃったんだもん・・・」

こんな調子で、みなさん、ごめんなさい。


で、あっという間に(?)目的地近辺に到達。 それにしてもしばらく前から霧が濃い。

目の前には噂のラフロードが続いている。始めはそうでもないが、進むにつれ道がガタガタになってくる。

うるちま号とr.matsuda号は四駆だし問題なさそうだけど、びおすけ号は単なる普通車であります。

ただでさえ、走りにくいのに視界5mくらいの濃霧で前が見えません状態。道路肩には柵もないし、危険

極まりない状況である。ひとつラリーカーのように鋭い走りを見せようかと思っていたが、とても無理。

ラリーカーどころか乳母車のようなトロトロ走りで、なんとか難所を切り抜けて目的地到着。

えらい時間がかかってしまった。

先行していた るどちんとr.matsudaさんは、とっくに到着して早くも採集姿で歩いている。

るどちんは言わずもがな、だけどr.matsudaさんも叩き網採集がお好き。だけど本日はルリクワ系をメイン

としているので叩き網を持ってこられなかった。
 
    
そこで、びおすけのスペア叩き網をお貸しする事に

なりました。長身のr.matsudaさんが持ってもデカイ

と感じる1m*1m叩き網・・・。


でもちょっと待って?この叩き網、びおすけのメイン

武器では!?貸してしまっていいの!?
 
 
ふふふ・・・。心配なさるな、各々方。

じゃ〜〜〜ん!!

今回初登場。なんと、あの「テンプルさん」お手製の

叩き網であります。テンさまの叩き網といえば、あの

るどさんも使っているという「マーベラス」な逸物。

今回、さらに改良を重ねた新型で登場です。

  
布の真ん中には、びおすけの「B」の字が・・・・。

また四隅には怪しげなスタンプが施されています。

いかにも「魔力」を感じさせる仕上げでございます。



ありがとうございました>テンさま

 
他のメンバーも準備を済ませ、採集開始。

あたりは霧に包まれ、視界はよくありません。

歩き出してすぐ るどちんがセダカコブヤハズをGET!

の知らせ。こりゃ幸先いいかもしれません。

聞くとセダカの色はグレイらしい。噂には聞いていた

が、やはり関東地方のとはちょっと違うんですね。

   
るどちんセダカGETの知らせを受け、ますますテン

ションが上がるメンバー。

うるちまさんも昨年は、この一帯でセダカを数頭GET

されているというので、期待が大。

探索に熱が入るが、思いのほか叩く枯葉が少ない

のが気がかりと言えば気がかり・・・。
   
   
背丈の高いササで囲まれ、ただでさえまわりが見えにくいのに霧が追い討ちをかける。

ただ、湿り気がある、という事はコブ叩きにはむしろ好条件か?? 
  
    
先を歩いていたr.matsudaさんが何かを採った模様。

見ると、なんと早速、我らが目的の虫をGETされてる

じゃ〜あ〜りませんか!!

ああ!r.matsudaさん!さすがです!

タニグチコブヤハズおめでとうです!

matsu 「コブ叩きはやっぱり楽しいですね〜^^」
   
  
見ると、驚く事に2♂同時GETされていた!

う〜〜ん、素晴らしいぃぃ!!

これがタニグチかぁ〜・・・。はじめましてです。

え?何ですと?びおすけにくださると!?

r.matsudaさん、コブ叩きは好きだけど、本体には

興味なし。びおすけの道具で採ったから、びおすけ

にくださるという有難いお申し出でございます。
  
     
いやぁ〜・・・ほんと申し訳ないなぁ〜・・。

r.matsudaさん、ありがとうございます。



これもテンさま叩き網の「間接魔法」の効果かも?
  
 
採集状況をうかがうと、ササの上にテツカエデの葉

がかたまって落ちているのを1m*1m網で根こそぎ

掬ったとの事。ははぁ〜、この木ですね。

葉が大きくて広いので、確かにコブが入り込みやす

そうな葉っぱです。
 
 
びおすけもがんばらねば。



何となく目についたのは、ササにぶら下がったブナ

のしょぼい枯葉。


一応、叩いてみる。

  
黒いかたまりが落ちた。

え?きたか?!

露で濡れて真っ黒で一瞬セダカかと思ったけどよく見ると

タニグチ、キターーーー!!

こんなに早くGETできるなんて〜!


これは、もう、テンプルさんの「魔法の叩き網」の効力に違いありません!
  
  
この叩き網に書かれた「呪文」は、やはりタダモノ

ではありませんでした。



ちなみにこの叩き網、四隅は四角く縫合されており、

十字棒も抜けることなく、しっかりと落ちた虫を受け

止めてくれます。改良の成果が表れています。

 

あああ〜! 憧れの「黒紋」をついに自力GET!


くっきりとした黒い紋が鮮やかです。やはり他のコブとは違う!

小さいけど、ホントにカッコイイ カミキリです。


ところが、こうして立て続けに3頭も手に入れてしまい・・・・

心配していた(?)びおすけのいつもの悪い癖・・・・

「まったり病」
  が出てしまいました。

別名「終了病」。
   
  
もう、気持ちに余裕ができたというか、緊迫が一気に

解けたというか、もうナヨナヨ状態です。


もう気分は「終了」なので、気合が入らないため、

叩いても落ちてくるのはアリガタハネカクシばかり。
   
   
r.matsudaさんは、まだ採る気満々。

背丈ほどもあるササの奥にテツカエデの枯葉がある

のを見つけ、掻き分けながら突入です。

ナヨナヨびおすけも、つられて突入〜。

でも、いくら探してもタニグチはおろか、セダカさえも

見つけることができませんでした。やはり気合が・・。
 
 
一方、他のメンバーもタニグチは採れていない様子。

るどちんも最初に採ったセダカ以来、何も採れない

という。うめちゃんがセダカ1頭をなんとか採り、うる

ちまさんがセダカ3頭。さすがです。

でも、セダカは採れているけど、タニグチは採れない。

もしかして個体数薄いのかしら?

    
山の頂上に到着し、全員集合したところで、成果の

確認をするが、うめちゃんがセダカを1頭追加できた

以外はさっきと同じ状況であった。

タニグチはここでは他所より多いと聞くが、それでも

ボロボロ採れる種類ではない、ということらしい。

仕方なく各々下山し、再捜索を開始する事にした。

みんな思い々に準備をしていると・・・
 
「うあぁぁぁぁぁ〜!!」

一人ササ藪で採集していた るどちんの悲鳴が!?

「ど・・・どうしたぁ〜!?」 「お〜い!?」

・・・・・返事がない。

「お・・・おい、やばいんじゃないか?」 「ちょっと、るどさん!?だいじょうぶかぁ〜!?」

みんな慌てて るどちんの悲鳴が聞こえた方へ走った!


「あああ、だいじょうぶ〜・・・」 るどちんの返事が聞こえた・・・。


あああ、よかった〜。聞くとササに足をとられてコケてしまったらしい。

一安心して、ふとみんなの姿を見ると・・・・


なぜか叩き網を持っている者、採集ケースを持っている者・・・

びおすけも自分の格好を見るとデジカメをしっかりと持っている。

「ゲッ!?」

みんな一体、何を考えていたのだろうか・・・。
 

      
全員無事に(?)駐車場まで戻り、休憩タイム。



飯を食いながら、数少ない成果を確認してみる。

とりあえず、びおすけ的には目的のタニグチを3頭も

入手できて、むふふ・・・といったところ・・・。
    
 
うめちゃんがGETしたセダカコブヤハズ。

分類的には関東のと同じイワワキセダカなのだが、

白っぽいグレイの体色といい、どうも違う感じがする。

びおすけはまだ採っていないので、探さねば・・・。

r.matsudaさんはルリ系探索に出かけてしまった。

うるちまさんは昼飯の準備・・・。

時に るどちんの姿が見えないが・・・??

    
ちょうどそこへ るどちんが「すぅ〜・・・・」と現れた。

なんだか、お澄まし顔をしているぞ?

こういう時のるどちんは、いい事があったに違いない。


びお 「どうだった?何か採れた?」

るど 「ええ、けっこう採れましたよ〜」

びお・うめ・うるちま 「なぬ〜〜〜!??」
その成果を見てびっくり。 ちょっと姿を見ぬ間に、タニグチもセダカもごっそり採ってるぞっ!

「ギャッ!!」 「うわっ!」 「ゲッ!!」


これを見た うめちゃん、うるちまさん親子、びおすけはあたふたと採集を再開する事にした。

ふっ・・・いつもながら、さすがだな・・・るどちん・・・。

話を聞くと、やはり枯葉の多い場所を探すのが基本らしい。
こんな、背丈ほどもあるビショ濡れのササが充満している中に突撃するしかないみたい・・・。

あああ・・・気が重い・・・・。
   
  
霧が漂う中をタニグチを求めて旅に出る うるちまさん

親子・・・。なんとか採れるよう祈願いたします・・・。

ぐっどらっく・・・・。
  
 
みんな適当に散ってタニグチ捜索開始。

びおすけも「まったり病」から回復し、気合を入れて

探すもさっぱり見つからない。おかしいと思って後で

聞いてみたら・・・・・

るどちんが叩いた跡を叩いていたらしい・・・・_| ̄|○

時すでに遅し、といったところだ。

   
一方、うめちゃんは晴れてタニグチ2♀をGETした!

びおすけの手持ちが3♂であったため、1頭ずつ交換

して、お互いめでたく1ペア揃った。


r.matsudaさんもルリ系捜索から帰還したが、時期的

に早かったらしく、ホソツヤと思われる蛹をいくつか

採ってこられた。それでもやっぱり、さすがです。
  
    
そして、リベンジに燃える うるちまさんであるが、

迷子になりかけながら、背丈ほどもあるササの中を

突撃しまくり、タニグチ1頭とセダカ1頭をGETされて

無事帰還。

おめでとうございます!

   
しかも、セダカはもう、いくつも採ったので びおすけに

くださるという。いやぁ〜・・・いいんですか?

申し訳ないなぁ〜・・。ありがとうございます。

というわけで、びおすけはもらいもののタニグチ♂と

交換したタニグチ♀、もらいもののセダカで、なんとか

成果を上げる事ができました(?) もはや、これは

びおすけの立派な「採集スタイル」となりそうです。

 
さて、ついに雨が降り始めたのでここらで終了です。

とりあえずは皆さん成果があって良かったです。

あまり何回も来たくはない場所ですが・・・。また来年

当たりはリベンジするかもしれません・・・。

参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。

そして叩き網をありがとうございました>テンプルさん

 
   
本日の成果(??)
うるちまさんから頂戴した イワワキセダカ。


関東近辺の本種とは体色が異なり、翅端の棘も

尖ってはいない。体表面の細かな果粒や、翅端

の形状は、同所的に生息するタニグチを思わせる

ものがある。  
  
    
 
タニグチコブヤハズ〜魅惑の黒紋〜

左:うめちゃん採集の♀
中:びおすけ採集の♂
右:r.matsudaさん採集の♂
    
BACK
 

   

THE INSECT HUNTER 2006
inserted by FC2 system