THE INSECT HUNTER
2006
0318
山梨
THE INSECT HUNTER 2006
                 

     
タイプロカリティーが欲しい!〜ホソツヤルリ編(2) の巻




前回、山梨県某所にホソツヤルリクワガタのタイプロカリティーを求めて行くも、

出るの出るのが全て幼虫という結果に終わった。

消化不良の成果に もやもやしていた矢先、相棒の うめちゃん(ルリクワマニア)から


 『久々に虫採りに行きたい。連れて行け。さもないとヌッコロス』


と脅しの電話が入ったため、ガクガクブルブルしながら るどるふさんに


『すまないけど、先にリベンジ行ってくる』


と告げ、内心、『やたっ!抜け駆け成功!』

と思いつつ、思いの他早く訪れたリベンジのチャンス。

逃してなるものかと、早速前回と同じ場所に突撃してきた。



果たして、ホソツヤルリの成虫は姿を見せてくれるのであろうか!?



          

ホソツヤルリ成虫ゲットを祈願し突撃直前に

ブルーのドリンク剤
を一気飲み!

よっしゃ!気合は十分!


てゆーか、うめちゃんFFとPS2貸して下さい(爆
   
   

うめちゃんが同乗した びおすけ号を、前回

r.matsudaさんが車を止めたのと同じ場所に

止めて、早速行動開始。

天気は上々。首尾も上々といきますやら?


とりあえず、前回幼虫ばかりポロポロと出た

場所を素通りして、さらに先へ新ポイントを

求めて歩き続ける。

     

久々の山歩きに「ハァハァ」言ってる うめちゃん。

とは言え、所々様子を確認しながら先へ先へと

進む姿はさすがである。

  
 というわけで、ズンズンと先に進むも、広がるは乾燥気味のカラマツ林ばかり。

「これはいかん!」と途中で進軍をやめて、道を引き返す事にした。
  
 

     

道を引き返しつつヤマブドウなど見てまわる。

ペリッと皮を剥ぐと「およ?」

腹が黄色いので、「え?

まさかホソツヤルリ♀!?」

などとドキドキしつつ・・・・

 
ひっくり返すと・・・ミヤマヒラタハムシ だった・・・_| ̄|○

 



また別のヤマブドウ枯蔓。

ペリッ!と折ると・・・・

「およよ?」

   
アカネトラカミキリ キタ〜〜〜YO!  

      
図鑑で見ると、キスジトラとそっくりに感じる

けど、実物はキスジトラと比べて厚みと

丸みがあり、全く別物である事がわかる。

そういえばアカネキスジって

いうのもいたなぁ〜・・・。

   

うめちゃんがイイ物見つけたと言うので、何か

と思ったらヒメツチハンミョウだった。

もう出てるんだ!


もう春なんですねぇ〜・・・。

 
  

・・・などと駄物を採りつつ、

本命のホソツヤルリはどうしましょう?と

考えたけど、やはり前回幼虫ポロポロの

ポイントに行って探すのが確率高いだろう

という事で・・・・・・。


  
笹をヤブこぎしながら、ごそごそと林の中へ

闖入する。

しばらく材を探すが、なかなかお手頃な材が

見つからない・・・。

それでもどうにか・・・

やっとそれらしき1本を見つけた。

   

ぬぬぬ・・・・いい感じかも・・・
 

    
ぬぬぬ・・・・初令・・・・

  
ぬぬぬ・・・・2令・・・・

   
ぬぬぬ・・・・はう!?

    
ホホホホホソツヤルリ、成虫!

キタコレ!!

    
またキタコレ!

       
またまたキタコレ!

 
またまたまたキタコレ!

  
さらにキタコレ!

  
・・・2令・・・・きたこれ・・・・
   
  
ぬおおおお〜!ダブルゲット!キタコレ!



      
などと、一喜一憂しながらもザクザクと成虫を

割り出す。

こりゃ、びおすけ生涯初の当たり材を引き当て

たかも!

こりゃいかんと、うめちゃんを呼び寄せて一緒

に材を削る。

    
そんな当たり材はこんな感じで、わりかし細め。

一見倒木風だが、根元は地面にしっかりとくっついている。

いわば、倒立枯れ。

宙に半端に浮いてるのがポイント。

産卵痕はそんなに多くなく、一見入ってなさそうだが、樹皮下にもしっかりとホソツヤが入っている。

材自体はほど良い湿り気を持ち、柔らかすぎず、ナタで叩くというより、

カッターナイフでも「すぅ〜〜〜」と薄くスライスできる感じ。


結局、この材で びおすけが11頭、うめちゃんが4頭 割り出した。

   

やれやれと、一度藪を抜け出て、休憩する。

びおすけは早くも終了モードなのだが、

うめちゃんはしっかりと材を拾ってきてる。

でもちょっと古過ぎたようだ。

   
少し休憩してまた藪に突撃する。

産卵痕はあるにはあるのだが・・・・。

  
ヤマブドウの枯れ蔓にも産卵痕が・・・・。

    
うめちゃんが材発見。


めちゃしょぼい材だが、条件的には先ほどの

材と同じ。

うめちゃん、この材から3頭成虫割り出しに成功。

    
あああああ、もう満腹です。

今日はこれにて終了モード。

やはり成虫入ってる材には入ってるんですね。

要は「優良材」を見つける事ができるかどうか

にかかっているようです・・・・。


   
今日の収穫。なんとかタイプロカリティーのホソツヤ採れました。

 
♀は金色がかったグリーンで艶があり、とても綺麗〜!


♂は深く濃いブルーで・・・・って・・・・・


オイッ!! 

グリーンっぽいブルーだよ?コレ? ええええ〜!そ・・・そんなぁ〜!!

  
さらに青いホソツヤを求めて・・・・続く(のか!??)
    
    


THE INSECT HUNTER 2006
inserted by FC2 system