THE INSECT HUNTER
2006
0211
東京
THE INSECT HUNTER 2006

                 


      
材採集、再び・・・ の巻





冬季オリンピックがいよいよ開会した今日この頃、 みなさんいかがお過ごしでしょうか?

びおすけです。



世間では やれトリノだ、やれライブドアだ、やれ構造問題だと騒がれておりますが、

確かにどれも目を引く話題ではありますが、我々虫屋さんが今一番注目しているのは

              「材・採・集」 であります(え・・・)


なんと言っても材採集は今が旬。

春になって暖かくなったら肝心の虫が材から羽脱してしまいますからね。

やるとすれば今がラストチャンス(??)です。


材採集と言えば前回「親子虫採り大会」に参加させていただいた折に拾ってきた材から

はキクイムシが出るばかりで、カミキリはと言えば、タカオメダカがポツポツとトワダムモン

が1頭出てきただけという、見事引きの弱さを露呈した びおすけ。


ここしばらく某BBSでも材から何が出た、という話題に花が咲き、そのみなさんの材採集

の腕の良さに驚嘆するとともに、ネタがないので指を咥えてただ見ているばかりという

悲しくも寂しい日々が続いておりました。


・・・・が、仕事の忙しさもやっと一段落しそうな、とある昼下がり。

ケイタイに1本の連絡が入ったのでありました。声の主はもちろん・・・・・。


るど 「どもで〜す。行きませんか?」

びお 「行きます 行きます!」



・・・というわけで、前回と同じ場所に行く事になりました。



        

待合せ場所で、るどさんとあっさりと遭遇し早速出発。

今回は、基本的に前回のルートをトレースする行程。

目新しい発見は無いと思うけど、一番確実だと言える。

     

るどさんにタカオメダカちゃんを採ってもらいたく、

まずはいつもの場所へGO!

若干、雪が残り気味。



滑らないように気をつけて・・。




ブナ爺さん(?)今回もよろしくお願いいたします。


まわりを見渡せば、肝心の小枝ちゃんは、

まだいくらでも落ちている。

     

びおすけは今回も

とりあえず小枝ちゃん拾いに徹します。

タカオメダカもいいけど、どちらかというと、

ブナケシが欲しいんですよね・・・。


  
しばらくして、るどさんついに

タカオメダカを割り出しました。

「ち、ち、ち、小せぇ〜!」

を連発してます。

あんまり小さいので本当に

カミキリなのか半信半疑のようでしたが・・・
     
   

確かに・・・この小ささでは半信半疑にもなりますね。

こうして見ると、もはや塵にしか見えません。


とりあえず、るどさん、タカオメダカゲット、おめでとう!

  
近くにすでに削られ痕がある

モミの倒木があったので、

試しに削ってみたけど

アカコメツキしか出ませんでした・・・。

手首痛い・・・。

やっぱり小枝ちゃん拾いが楽でいいやぁ〜・・。

 

ただ小枝ちゃんを拾うだけ、というのも飽きてきたので、

1本割ってみたら・・・・・タカオちゃん、毎度です〜。 
     

    
もう1本折ってみると、出ましたブナケシ(仮称)幼虫。

もちろん、お持ち帰りです。

成虫になって出てくるのは4月頃でしょうか・・・・?

   
さて、そろそろ次の場所へ移動です。

道は雪が踏み固められてアイスバーン状態。

たいへん危険な状態です。

滑らなかったかって?


1度思いっきり滑って転びましたが・・・・それが何か?

   

痛い尻をさすりつつ・・・・

トワダムモンポイントです。

キブシ枯枝の取りこぼしや新しい枯枝を

探しましたが良い枯枝が結局見つからず。

今回も期待薄か・・・。
          
          
次のブナポイントへ移動。

ここは小枝ちゃんは、もうほとんど拾われてしまい

まるで庭を掃いたかのごとく

綺麗さっぱりとしています。

また新しいポイントを探さないとだめですね・・・。

   
わずかに残された小枝ちゃんを拾い、

暖かい陽を背に浴びながら、黙々と折っていると、

いつの間にか忘我の境地に達し、

この瞬間だけ煩悩も消え去るような

気がいたしまする・・・・。
    
 

さて、そろそろ戻ろうかと思いるどさんは?

と周りを見渡すとその姿が見えぬ。

さっきまでモミの立ち枯れを

いじっていたんだけどなぁ?


お〜い、どこさ行っただぁ〜?

 



ちょっと先へ進むと・・・・





ねえ・・・何やってんの・・・・?

    




ほぉほぉ・・・。




そうやって皮の裏を覗くと・・

   



ラギウムがいると・・・・。





ええ・・・・・!?

 
おおおお!!

ホンドハイイロハナじゃないですかっ!!

それも、2exs 同時ゲットですか!! 

るどさん、さすがですっ!

 

なるほど、これはラギウムの食痕なわけですね〜。



でも位置が高すぎて、おいらでは手が届きません; ;

脚立でも持ってこないと・・・。

   


おいらはラギウムの副産物の

フトナガニジゴミダマをもらいました。


テヘヘ・・・・・。

  


さて、材も持てるだけ拾い集めたし、

ここでいったん下山して、

ヨコヤマトラを狙うべく移動することにしました。

       

  

    

さて、新兵器の「高枝切鋏」。

一応、用意はしたけど、活躍するシーンは、

果たしてあるのでしょうか・・・・。


ではクリ畑へ移動しましょ〜。



  

前回、○島さんに教えていただいた

「いるかも」ポイントで

「いるかも」な枝を狙います。


あああ〜!届くよ〜!
(当たり前だけど・・・・)
   
  


ほ〜ら!高い位置にある

ウスタビガの繭も、簡単に採れるよ〜!・・・・。


などと浮かれてる場合ではなく・・・・・・。



で、どうだったかと言うと・・・

NULLでした・・・_| ̄|○ il||li

どうも良い枯れ具合の枝が見つからないのです・・・。

その間、るどさんはオサムシを

たくさん採られてました。

 

ミツバウツギからコボトケでも

出ないかと探してみましたがこちらも全然だめ・・・。

   

じゃぁ〜、こうなったらスギカミキリ

でもいないかと探して見たけどこれもだめ。

(いくらなんでも時期が・・・)

あああ〜何だかいい感じのキブシ枯木、発見〜!

    
直径1cm前後の枝を折ると、次々とカミキリの幼虫が・・・・。

でも、この時期に幼虫でたくさんいるのって、種類何でしょう・・・。

   




カミキリ亜科ぽいけどよくわからん・・・・。

一応、全部お持ち帰りです。

     

今日はこのへんでタイムアップ。

成果があったような無かったような・・・。

高枝切鋏も初戦デビューはだめでしたが、

痒い所に手が届く感じはつかめました。


持てるだけ採ってきた各種材からも

何が出るか楽しみ。

ブナ・モミ・キブシ・ヤマブドウ

と、ごちゃ混ぜですが・・・。

     

THE INSECT HUNTER 2006
inserted by FC2 system