THE INSECT HUNTER
2006
0102
千葉
THE INSECT HUNTER 2006

                 

     
前回までのあらすじ・・・・・??
 


昨年の千葉の採集において

ブーメ採集後、「とある虫」を

求めて場所を変えたのだが

雨は降るわ、カニしかいないわで、

結局逃げ帰った我らなのであった。


が、しかし! もちろんそれは リベンジを念頭に置いた上での敗退であった。

各人の都合上、少し間があいてしまったが、年明け早々そのチャンスは巡ってきた!

      ・・・と、ここまでが前回までのあらすじなのだが(短かっ!)・・・・


ぶっちゃけ、おいらあの場所って、もうあんまり行きたくないんですよね・・・。

のっけからやる気なし発言で申し訳ないんですが、これは行った人にしかわからない

けど、行けばきっと誰もがそう思うでしょう・・・。現に前回一緒にきたr.matsudaさんは

「二度と行きたくないっ!」と言って今回不参加でしょ。 

その理由は、まぁ〜簡単に言うと

デロデロのグチャグチャでズブズブのビチャビチャな上に虫がいない からです。


そこまで言ってるにもかかわらず、なぜまたリベンジしようと思うのか!?

それは、その「とある虫」が 地域限定品の珍な虫 であるからなのだ。関東に

住まう甲虫屋さんであれば、一度はひと目拝ませていただきたい虫なのである。


へなちょこびおすけ にはどうにも採れる気がしないくらいの虫なのだが、この弱気な

びおすけ と対照的なのが、かの るどるふさんだ。


 「絶対いることはわかってるんだから、もう何が何でも採れるに決まってる!」


という、この無茶苦茶な上に強気な根拠を持って採集に望もうという、この心意気!

こうなったら、るどさんの この心意気に便乗させていただくしかないでしょう!


さらに、今日は参加者がもう一人いらっしゃる。それは、あの もえびさん である。

お正月休みという事で帰省されており、その限られた貴重な時間を虫採りに使って

しまおう!というこの心意気!・・・ と言いますか、聞いたところによると今日の採集

は、そもそも もえびさんが言いだしっぺらしい。もえびさんも虫好きっスねぇ〜!w

もえびさんと言えばオサ屋さんであり、「とある虫」もオサムシ科の甲虫であることを

考えれば、るど&びお がダメでも、もえびさんが一緒ならば心強い事この上ない。


というわけで、びおすけ的には、お二人のおこぼれを頂戴できればラッキ〜!

という感じで今回参加させていただきます。



初春の地域限定虫探し! の巻

       

現地待ち合わせであります

ので、ビュ〜〜ン!と車を

飛ばして一直線。


ただ、天気予報通り、雲行き

が怪しいのが気がかりです。

で、あっという間に・・・・・
       
       

・・・・到着。

びおすけの家からは高速代

をケチらなければ、けっこう

近いのよね・・。

現場近くに車を止めますが

まわりにはなぁ〜〜〜んも

ないっスね。
   
   

るどさんからの連絡によると

もうすぐ来るとのこと。

おいら先に行っちゃうYO!


というわけで、懐かしいような

忌まわしいような現場に一人

足を踏み入れてしまった。

    


某BBSで話題になってた

「葦」ですね・・・・。

でもね、今回狙ってるのは

カミキリムシじゃないんです。


    
     

早速、ムシ探し開始!

それにしても、あいかわらず

ゴミ多すぎ!

例の虫がそのゴミの下に

いないとも限らないけど・・。

でも流木の下とかがいいな

(根拠なし)。
     
     

そこらのゴミとか石コロどかし

てもフナムシとかカニさんしか

出てこないよ・・・。


ああああ、早くも採れる気が

しなくなってきた・・・。
    
   

ここで、やっと二人が到着。

挨拶もそこそこに、いよいよ

本格的に捜索開始。

もえびさん、るどさん!

頼みまっせ〜〜!(ばく
     
   

ううっ!前回よりも水かさが

増してるよ!

ちょうど満ち潮らしい。

こりゃ前回よりもぐちゃぐちゃ

なびしょびしょになるのか〜?

嫌だなぁ・・・(悲

  



るどさん、彷徨ってますな〜。


早くも戦意喪失かっ!?

それとも何か策有りの余裕?

   
一方、もえびさんは熱心に

ゴミひっくり返してます。

例の虫は葦原の砂地か泥

の所を好むようなのです。

ビチャビチャでもカラカラでも

だめなのです・・・・・・。

ほど良くしっとり とした・・・
   
  
  
・・・・ってゆ〜か、そんな場所ねぇ〜〜〜YO!!
     
  

・・・いや

落ち着いて、落ち着いて・・。

絶対いるんだから(・・・と

るどさんが申しており・・・)。


でもカニさんしか出てこない!
          
          
あ〜〜もう・・(←戦意喪失)

本当にいるのかYO!

ってゆ〜か、虫いないし!

ねぇ〜、るどさん、どうなの?

どうなのよ!!?

え?いたっ?何が?

いたいた!って何が??
    
 
ええええ!!いたんスかっ!!マジ!?


     

えええ?そこにいるって?!

ウソウソ!!わぁ〜!マジ?


どれどれ?どこよ?


おいらにも見せてくれぇ!!

うわっ!ホントだ!!

  

       
キイロホソゴミ!!キターーーー!!
   

  
   
    
さすが、るどさん!

なんか数頭いるよ??

ええ!1頭くれるって!?

いやぁ〜!るどさん!!

さすがですっ!!

パチパチパチ(←拍手

最初から信じてたよぉ〜!

    

よぉ〜し!おいらも見つけちゃ

うぞ〜!一度見つかれば

その周辺にかたまっている

ハズ! 

よっしゃ〜!

早速 1頭みっけ〜〜!!

   

あら!?撮影して採ろうと

したらいなくなっちゃった?!


あああああ!! カニさんの

穴に逃げ込んでしまった!!


ううう!けっこうすばしっこい!

冬眠してねぇ〜のかYO!

 
でも、すぐに別のを発見! 3頭いるけど わかりますか??    
   

       
もえびさんも続々と採れてるもよう。

葦に埋もれちゃってるよ。

う〜〜ん。ほどよく湿って

る場所ありましたね〜!

流木もかたまってそこそこの

数あるし、場所さえ見つけれ

ば普通のゴミムシと一緒。
 
      
  
るどさんも続々と見つけてるもよう。

るどさん的にはキイロホソも

もはや普通種だそうです。

しかし、この寒いのによく

動き回るんですね、この虫。

写真撮り辛いの何のって!


     
得体の知れない多足類の皆さんと一緒に住まっていらっしゃいます。

   
      
う〜〜ん。何と言うか、普通種のアオヘリホソゴミムシとは異なる気品が・・・。

 
    
あああああ・・・・。満足です・・・・。


    

それにしてもチョコマカとよく動き回る。

そばに落ちてたストローにつかまらせ

ても普通に行ったり来たりしてる。


まぁ〜何にせよ目的は達成されました。

  

年明け早々、来た甲斐がありました。

なんだか幸先良い感じ。

この喜びは目的の虫が採れたから

なのか?

はたまた、もうこの場所へ来る

必要がなくなったからなのか・・・!?
   
  


意気揚々と引き上げる

もえびさんとるどるふさん。



この勢いで例のアッチも

行っちゃいますか?

え?どうします??

・・・・で、行っちゃいました・・・・

    


かの「南総里見八犬伝」で有名な山でございます・・・。
     
  

それはそうと、雨足が強くなって、

普通に降ってるんですが?

行くんですか?

そうですか。行くんですか・・。


「雨男」こと、びおすけが一緒なので、

ごめんなさい・・・。

   
道路際に転がってる材。

ゴミムシでもいないかと・・・

 


そこにいたのは・・・

かぶちん様の幼虫でした・・。

・・・ってゆ〜か、崖の土、

カラカラに乾燥してるよ!

虫なんていないっス!

え?こちら側は南斜面でした

か・・。じゃ反対側行きますか

  
   
はい。北側斜面です。でも雨は相変わらず普通に降ってるよ・・・。


      
雨の中、少し歩いてみたけど

掘るべき崖がないっスよ?!

ああああ、毒ビンも空っぽの

まま・・・。もう濡れて寒いし

戦意喪失です。るどさんも

引き上げてきた。もえびさん

は? え?まだやってるの?

       
もえびさん、早く戻ってこないかなぁ〜・・・。

あああ、やっと戻ってきたよ・・・。

 ん?るどさんと何か話してるよ。 


え?どうしたの?

なんで るどさん、またカッパ着てるの!? 


 ちょ・・・ちょっとどこ行くのよ!?

え?いたっ?何が?


いたいた!って何が??
       
 
     
ええええ!!いたんスかっ!!マジ!?


  
 
アカオサ!!キターーーーー!!
      
  
もえびさんがアカオサを掘り

出した場所に急行する るど

さんと、それを追いかける

もえびさん・・・・の図。


ちょ・・・ちょっと待って!

おいらも行くよぉ〜〜!!
   
      
・・・で、行ってみれば、もう目と鼻の先の、普通見向きもしないような、ショボい土手!

びお 「こ・・・・ココかYO!!(愕然 」

見れば3人分のキャパは無さそうなので、びおすけはちょっと離れた場所へ行きました。

・・・が、結局NULL・・・。

一方、そのショボいポイントでは、後から後からアカオサが掘り出されていた!


もえ 「なんか、もうたくさん・・・」

るど 「うひゃぁ〜、ボロボロ採れるわ」

もえ 「この辺なんかも・・・あ、またいた」

びお 「(指を咥えながら)いっぱい採れていいねぇ〜・・・」

るど 「もう寒いから早く戻ろうよ。はい、掘りたての2頭あげるから」

びお 「わ〜い、わ〜い! (見ると2頭とも♀)・・・・・ねぇ・・♂余ってない?」

るど 「余ってないYO!!」

びお 「・・・・・(´・ω・`)ショボーン」


なぜか、♀がやたら多くて♂は少ないようだ。

それにしても・・・・

もえびさん! さすがですっ!!


オサ屋の面目躍如!!って感じです。

よくぞ、あんな場所を掘ろうと思ったものです。やはりオサ屋さんの「勘」というヤツ?



何はともあれ、ここでも目的の虫を採る事ができてよかったです〜。
    


   

もえびさんのおかげで、

るどさんからもらえたアカオサ

であります。

毒ビン(大)持ってきた甲斐が

あったYO!!(嬉

   
  
年明け早々、しかも悪天候の中、出かけた甲斐がありました。

目的の虫をオールクリアして、3人とも満足、満足。 初春から幸先良いスタートです。

それにしても、キイロホソゴミムシの時の るどるふさん といい、アカオサの時の もえび

さんといい、お二人ともさすがですっ!パチパチパチ(←拍手

で、びおすけ はと言うと・・・・・・。


え〜と・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・。



     皆様!本年もどうぞよろしくお願いいたします!!
 
     
採集できたムシのコーナー
   
キイロホソゴミムシ
いる所には居る・・・?
アカオサムシ(黒紫)
るどるふさん採集 ♀
アカオサムシ(赤)
るどるふさん採集 ♀
      
    
    




THE INSECT HUNTER 2006

inserted by FC2 system