THE INSECT HUNTER
2004
   
0615
  
神奈川


THE INSECT HUNTER 2004


   
アサカミキリ・リベンジ 




この梅雨が明ければ本格的な夏はもう、すぐそこです。

夏の装いといえば、白い麻のブラウスやスラックスで小粋にキメたファッションなんぞ、

そこはかとなく上品で涼しげで、街中でもリゾートでも とってもおしゃれですね。


ただ下着が透けて見えるので、シマシマのパンツとか

派手な色のブラジャーなんてのは避けた方がよろしいです・・・・


と、いきなりファッション通信カヨッ!みたいに始まってしまいましたが、


今回は麻は麻でも麻の虫・・・・つまりアサカミキリ


昨年、るどるふさん、うめちゃんら3人で初チャレンジし、

各々そこそこの成果を上げる事ができました、が、しかし、イマイチ納得できてないのが約1名。


ただ一人採集数1桁に甘んじた びおすけがその人。


採集できたのがほとんどちっこい♂で、しかも中には羽化不全のまで混ざっていたりして・・・。

それでも、当時は満足していたものの、その後標本を見るにつけ、

なにかこうモヤモヤとしたものを感じていたんですよ・・・。



そこで今回、採集アドバイザーとして蝶屋のくせに

アサカミキリ大好きな うめちゃんをお迎えしてのリベンジとなりました。 


先生!デカくて黒いアサの♀が欲しいです!



さて、いかなる結果が待ち受けているのでしょうか?!
 

       


    

おまけの採集記 (6/14)


・・・と、その前に 前哨戦として(?) 前日にもちょこっと虫採りに行ってるので、その報告。


前回、セミスジコブヒゲカミキリをゲットできた場所に再び行ってみました。


結果はセミコブ♂2♀1でした。


採ってみてわかったのはセミコブと菌類の関係。

前回採った時にもしかして?と思ったのですが、果たして関係はありそうです。


3頭ともクリの枯枝下面に見られるピンク色の菌類が少し乾燥気味になった部分に見られたのです。


セミコブが齧ったような痕跡ははっきりと確認できませんでしたけど


セミコブはこの菌類本体、もしくは菌類によって腐朽した樹皮などの部分を後食しているのかも・・・。

    


               こういうヤツね・・→






ぜひ、探してみてください。
       
     

どことかそういうの関係なくどこにでもいる

いつものヒメヒゲナガカミキリ・・・・→

だけど・・・菌類の目印をもとに探せば、

むしろセミコブの方が見つけやすいのかもしれない。

     
    

あとカシコスカシバというガを採集しました。


             これ飛んでるところ→




この画像ではイマイチ??って感じですが、

実際にはキイロアシナガバチそっくり!
      
こうアップしちゃうと、思いっきりスカシバなんですけど・・・・^^;

尻尾がエビっぽいですが、それはさておき、びおすけはスカシバが妙に気に入ってしまい

ました。 これから機会があれば集めちゃうかも!
   
スカシバは調べてみるとカッコイイ種類が多い

ですね。

あ、あと「カシコスカシバ」って

     「樫小透翅」

            って書くんだと思う・・・・。

以上、おまけの採集記でした。

                      かしこ
 
  
      


   
・・・・というわけで (6/15)





お待たせしました。

いよいよ本番当日です。

朝も早よから うめちゃん号に拾っていただき目的地へ向かいます。

まぁ〜、昨年も一度行った場所なので心理的にはだいぶ余裕があります。 

天気も良いし。

んで、サクッと到着。 

駐車場で準備を整え早速採集開始!
     
 

実に清々しい景色ですな・・・。

ほんと、初夏を感じさせます。

んで、肝心のアサカミキリのホストであるアザミなんですが・・・

なんか昨年来た時と様子が違うんですけど?

舗道沿いの雑草が綺麗に刈られてしまってますが!?
   
 
もちろんアザミも一緒に刈られているわけで・・・。

こりゃマズイとばかりに、今回一番のポイントとして狙っていた場所へ一目散に向かいます。

着いてみると、その場所は安泰でした・・・・。

ホッ・・・・・。

で、うめちゃんが早速そこで採集を始めたので、同じ場所で一緒にやっては

効率が悪いと思いびおすけは以前に足を伸ばしていなかった場所へ移動することにしました。

びおすけ余裕の行動ですが、これが後々後悔することになるとは露知らず・・・・。

                              

今日も暑くなりそう・・・。

早くも気温が上がり始め、虫も飛び始めています。

道沿いには潅木が多く、花や実などに

いろいろな虫が集まってきています。

こういうの見てしまうと、ついつい叩き網に

手が伸びてしまい・・・・。
      
 
うほほっ!いきなりスギノアカネトラカミキリ!

「こいつはラッキー!幸先良い感じぃ〜」

(・・・と、この時は思った)

この一撃で調子こいてしまった びおすけは

しつこくウツギやら何やらの花を掬ってみたり叩いてみたり。

(オイオイ、アサカミキリ探さなくていいの?)
      
  

しかし、その後は雑虫ばっかりで、何も良い

虫が採れません。 それでも悪いクセで

しつこく続けているところへ うめちゃんがやって来ました。


うめ「どう?採れた?」

びお「んん〜〜、いまいち・・・そっちは?」
    
  





        
       うめ「採れたよ・・・・」
  
    

びお「・・・・・・・・・・」

これで我に返った びおすけは、キビスを返して、

先ほど うめちゃんが採集していた場所に向かいました。

時計を見るとだいぶ時間が経っています。 

「でもあせってないもん」

などと強がりを言いつつ、アザミを探しますが

              こういうのとか・・・・→
       
  






              こーゆーのとか・・→
    
    





              
           このよーな虫ばかり・・・・・




さぁ〜!いつもの悪いパターンが全開です!
   
     
さすがに徐々にあせりの色が見えてきた びおすけ。

気温の上昇とともに頭にも血が上ってきつつあります。

やばい!びおすけピーーーンチッ!


し・・・・しかし、虫の神様は びおすけを見捨てては いなかった!
  
    
       
やややややや、やっとキターーーーー!!

ありがとう・・・虫の神様・・・・・(涙)
  
   
     




その後も立て続けにキターーーー!!


オラオラオラオラ〜〜!!
  

      
オラオラオラオラァーーーー!!

ムダムダムダムダァーーー!!!



はぁ〜・・・・疲れたポ・・・・
   
      
    
    
というわけで、早くも昼食タイムです。

この時点で びおすけはアサが4頭 ^^

(うめちゃんが二桁いってるのはナイショです)


サクッとお弁当を食べたら、第二次作戦開始です! 

作戦と言ってもただ見て歩くだけだけどね・・・。


  

天気がいいのは正直うれしいけれど、暑すぎ

るのは正直困りものです。 もう汗ダグだし。


結局、アザミがまとまってある場所が、

例の場所しかないので、またぞろそこで採集開始
    
   

時に、他に見かけたカミキリは?って言うと


ヘリグロリンゴカミキリ→

アサカミキリと同じくアザミやヨモギをホストとしているので、

ここでもたくさん見かけます。

生態写真撮影に何回も何回もチャレンジしたけど、

あまりの敏捷さに結局撮れず・・・・。
       

 


もはやコメントの必要もない

ヒメヒゲナガカミキリ様・・・・→

(ついに「様」付けだぁーー!)


あとはトゲヒゲトラとかムネアカクロハナくらいでした・・・。
    
     

で、アサ探しに戻ります。


しかし、あまりの気温の上昇にダウン状態のびおすけ。 

ここは2頭採るにとどまります。

合計6頭・・・・。 ゼィゼィ・・・・ハァハァ・・・

(この時点で うめちゃんが20頭くらい採っているのはヒミツです)
     
         

ここで、想像以上に水分補給の消費が激しく飲料水空状態。

冗談抜きでお迎えが来てしまうかもしれないので、

山を少し下って湧水まで水を汲みに行きました。

あまり冷たくはないけど、思ったより飲める水でした。

この水を飲むと長生きするらしい。


   

さて、一息ついて、第三次作戦開始。

作戦と言ってもただ見(以下略)


昨年採集したのが8頭だったので、今回は

二桁に乗せないとヌッコロスと うめちゃんが脅すので、

びおすけ泣きながらルッキング開始です。 

二桁まで@4頭!
      
  





オラオラオラッ!


@3頭!
     





オラオラオラッ〜!


@2頭!
        





オラオラオラオラッーー!!


@1頭!

ハァハァ・・・・
               
・・・しかし!残り@1頭がなかなか見つからない!

迫り来る飢え(?)と乾き・・・・。

びおすけ そろそろ体力の限界です。

 「もう・・・いい・・・。やれるだけの事はやった・・・。もう楽になろう・・・」



びおすけが軟弱にもあきらめかけた、その時!


「お〜〜い!こっちにいるよぉ〜〜!」
   
      
足が勝手に声がする方向へと向かいます。

そこには、とあるアザミの一点を指差す うめちゃんの姿が・・・。 

その姿が天使のように見えたのは幻だったのでしょうか・・・。

そして、ついにゴォォォーーール!!

うめちゃん、ありがとう(涙)

そして二桁達成おめでとう!びおすけ!

          



うめちゃん 本日の成果

(9割以上がアサカミキリ。合計27頭・・・というのはヒミツです)
     



びおすけ 本日の成果

(うめちゃんに遠く及ばずアサカミキリ10頭・・・・・。
5頭以上逃がした。
雑虫で数を誤魔化しているのはナイショです)


では、びおすけが本日得た教訓をひとつ・・・。
    
         
〜麻髪切採集心得之条〜

一、日当たりの良い場所のアザミを狙うべし

一、アザミは大きめの株を狙うべし

一、アザミの柔らかそうな若葉の部分を狙うべし

一、一度採集できたアザミは何度も見回るべし

一、良い株には複数頭いるので注意怠ることなかれ

尚、落として再び拾う者無し


落として再び・・・・拾う者無し
 

     
やはり今回も後悔しきりの びおすけでした。

今日はどうも午前中が勝負だったようです。

何事も最初の目標を見失ってはダメですね。

何はともあれ、二人ともそれなりに成果があったし良かったです。

黒い♀も採れたし。


うめちゃん、お付き合いいただきありがとうございました。
         

  
    


THE INSECT HUNTER 2004

inserted by FC2 system