THE INSECT HUNTER
2003
1009
  
東京

THE INSECT HUNTER 2003


 


   
材割りシーズン到来! 


 
このところ、すっかり冷え込む日が多くなった。

野外で見られる昆虫の種類もすっかり減って、

そろそろ一般的な採集シーズンも終わりを迎える。

これからは野外越冬する種類や、

冬にだけ出現するような特殊な虫しか見られなくなってくる・・


と同時にそれは、材や土に隠れて成虫越冬する

オサムシやクワガタ類などの採集シーズンの始まりでもある。


今回は東京都のハズレの某所へP.Kawadaiさんと訪れてみた。


狙い目はルリクワ系3種だが、

運が良ければフジコブヤハズやセダカコブヤハズも採れるらしい。
 

         

来る途中は、曇ってうすら寒い様子

だった天気も現地に着く頃には

青空が見えてきた。

青空にたなびく白い雲・・・

ああ、秋晴れってやつかなぁ。
    
  

林の中はまだ緑が多く、紅葉

は所々にぽつ・・・ぽつ・・と

見られる程度。一応叩き網も

持ってきてるけど、コブはいる

のであろうか??
   
   

下草を見るとあまり叩きたくな

る雰囲気が乏しい・・・。

てゆーか、思ったより乾燥して

いるようで枯葉があっても触る

とパリパリと音を立てて崩れる

感じである。
         
  
ちょっとこの状況ではコブはつらい。

もっと枯葉がシットリと湿ってくれてなければ、

コブは乾燥を嫌って地面に降りてしまうだろう。


そしたらもはや偶然でもなければ見つけるのは難しい。

でもせっかく叩き網を持ってきたので使ってみることにしよう。



ちらほらと見られる枯葉を叩きながら進むが、


落ちてくるのはクモとカメムシ&アリガタハネカクシくらいである。




「だめかぁ〜」と思いつつ


叩き網をパンッ!とはたいたら・・・
 
 
  
うわっ!自作のボロ布がー!

ビリッ!という破滅の音と共に

破けてしまった。Kawadaiさん

にテープをお借りして補修は

できたものの、来シーズンは

作り直さなければ・・・・。
       
   
途中にある休憩所で荷物を降ろしてKawadaiさんと相談するが、コブはちといなそう・・・

ということで、叩き網をしまってナタを取り出す。


ルリ系に的を絞る作戦?に切り替えた。

 
 
      
まずは近くにあるアブラチャン

を主に見てまわりホソツヤルリ

を探す。別名るどるふの木、

またはr.matsudaの木とも呼ば

れているが?ホソツヤがよく

見られる木である。
      
  

早速それっぽいの見っけ〜。

でも初令幼虫しか出てこない。

産卵マークが妙にハッキリと

してる材は×ですね。
     
   
一方、P.Kawadaiさんも幼虫しか出てこないようだ。

う〜ん、発見者の神通力も通じないのであろうか??


 ここはそろそろ見切りをつけて次の場所に移動しましょうか・・・。
 

  

適当にコルリ材を拾って削る。

「黒い→しょぼい→湿っぽい」

がコルリ材のキーワード。

削るとなぜか幼虫が多かったが

やっと1♂見つけることができた^^
  
    

トウカイコルリです。

コルリは地方によって色彩が

変わる良い虫です^^

びおすけはコルリが好きです。



    


と、そこでKawadaiさんが遠く

で呼んでいる。

見に行くと、ルリクワの産卵マーク

ビッシリの倒木があった。

大きいので2人で削るが

Kawadaiさんが1♂出すに

とどまった・・・。
     
   
びおすけがコルリを出した場所に戻り、またコルリ探しを始める。

Kawadaiさんも材を拾っては削るが幼虫ばっかり出ているようだ。

びおすけも同じく成虫が出てくる気配が全然ない。

しかし、しばらくしてKawadaiさんがホントに見る影もないようなしょぼい材

から成虫を6〜7頭たて続けにゲット!


 いやぁー。さすがです・・・。

その後もしばらく続けるが、幼虫ばかり出てくる。

もうこの時点では幼虫が出ると「あ!」

と言って、そのまま材を地面に埋め戻す始末。

んで、ちょっと移動です・・・。

       

Kawadaiさんがルリが入っている

倒木を発見!

かなりイイ感じである。
      
 

削ってみると

早速♂が顔を覗かせた。

この倒木も大きいので

2人で削り始める。
       
   

Kawadaiさん一撃で2♀ゲット!

1頭はびおすけが例のごとく

頂きました^^

♂は表面からわりと浅い場所

にいるが♀はやや深い場所に

蛹室を作るようだ。
    
      

びおすけもやっと1♂ゲット。

でもこの材も幼虫が多いようだ。

この後もう1♂追加したが

また来期も楽しもうという事で

この材は終了した。
       
     

帰りがけにちょっと覗いた

激しく赤腐れの立枯れ。

ナタでは削りにくいっす・・・。

ツヤハダクワガタが

いるらしいのですが・・・
       
  

幼虫が出てきてしまった><

出てしまったのでとりあえず

お持ち帰りすることにした。




で、今日はそろそろ終了です。
      
      

林の中にいると暗くて、もう夕方か?

と思ってしまうが、

外に出るとまだ青い空が広がって

いて、遠くの山まで見渡せました。
    
    
一応ルリ系は採れたのでよかった

・・・てゆーかNULL

じゃなくてよかった・・・w

コブはまた来期の課題です。

P.Kawadaiさん、

ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします〜。
     

  
採集できたムシのコーナー 
   
ルリクワガタ ♂
東京都産初ゲット
ルリクワガタ ♀
銅色系です
トウカイコルリクワガタ♂
緑青系ですね
  
クロキノカワゴミムシ
実は前から欲しかったw
ムラサキモリヒラタゴミムシ
緑タイプの個体です
ツヤヒサゴゴミムシダマシ
普通種だけど意外と好き
       
   
本日の成果 : ルリクワガタ 3exs.
          トウカイコルリクワガタ  1ex.
          クロキノカワゴミムシ 1ex.
          ムラサキモリヒラタゴミムシ 1ex
          ゴミムシsp. 1ex.
          ツヤヒサゴゴミムシダマシ 1ex.
          コメツキsp. 1ex.
          その他 ツヤハダクワガタ・コルリクワガタ・ハナカミキリ等の幼虫
          
    
    

THE INSECT HUNTER 2003
inserted by FC2 system