THE INSECT HUNTER
2003
0727
  
長野

THE INSECT HUNTER 2003


 


      
夏の亜高山性カミキリを求めて 



その日の夕方・・・

おもむろに採集支度をはじめた私は、荷物を車に積み込み目的地へ向かって走り出した。


場所は採集目的がサハリン(カラフトホソコバネ)・オトメクビアカハナ・

スミイロハナといったカミキリだと言えば、虫屋ならすぐ思い浮かぶ所である。



現地では、一足先に出かけた るどるふさんが待っているはずである。
 
        
    
6時間後、合流した るどるふさんと街灯まわりをしている自分の姿がそこにあった。

夜中を過ぎてしばし英気を養うため、車内で仮眠をとることにしたが、久々に遠征をした

興奮からかなかなか寝付けない。
   
  

早朝、起きて空を見上げると

期待通りの青空が。




まずはサハリンから攻めて

みようか。
    
 
ポイントとなるカラマツを見て回るが、サハリンがいる気配は全くない。

特に今年は厳しいと聞いていたので、まあ、当たり前と言えば当たり前である。

しばらくすると、少々霧が出てきてしまった。

そういえばサハリンは霧がたちこめているような天候でも採集されると聞いたことがある。

むしろ、チャンス到来か?

期待しつつ、カラマツの独立木を中心に探してみたが・・・徒労に終わった・・・。
   
      

その昔、サハリンの御神木

と呼ばれたカラマツ。

脱出孔があり、そのまわりは

ナタで削られている。

サハリンが後食する樹液を

出すためであろうか。
       
 
サハリンがダメなら、オトメを狙おうということで、車に乗って移動。オトメはハイマツの花に

来るため、どんどん標高をかせいで登らねばならぬ。

オトメの生息地についてすぐ、あろうことか霧というか、濃いガスが吹き始めてしまった。

オトメは非常にデリケートな性質らしく、「晴れて無風」状態が良いと言われる。

この状況ではかなり厳しい・・・。しかしこればかりでは人間の力ではどうにもならぬ。
    
 

ハイマツの花は場所によって

咲き終わりのものと満開のと

があった。オトメは花粉を食べ

に来るので、花粉がフワッ〜

と舞うくらいの状態でないと

ダメなのだ。
      
 
しばらくねばってみたものの、天候が回復する様子がないため、泣く泣くここを後にする。

霧のため視界十数mといった状態。

やはり日頃の行いがモノを言うのであろうか・・・。
   
 

振り返って見れば、このよう

な状況・・・。




オトメよ・・・。

またいつか会おう・・・。

         
ならば!次の目標はスミイロハナだ。

少し標高を下げて、ショウマの花に訪花するというスミイロハナを狙うべく草地の斜面で

登ったり降りたりを繰り返す。
     
  

ショウマにはピドニア類をはじ

めとするハナカミキリがチラホ

ラと見受けられるが、けして

数が多いものではない。

    
 
ここにきて、再び晴れ間が広がり始めた。

上のほうはどうかと空をあおいでみるが、オトメのいるあたりはあいかわらず霧に包まれていた・・・。

スミイロハナもいる気配がないので、最初にサハリンを探した場所まで戻ることにした。
    
 

最近、脚光を浴びている

ショウマの株。

るどるふさんも採った

「あるもの」が飛来するので

有名なショウマだそうだ・・・。
      
 
それなら、私も!ということでしばらくねばってみたが、普通種のオンパレードで、これといって珍しいもの

は飛んでこない・・・。

やはり日頃の行いが(以下略
   
   

結局、サハリン・オトメ・スミ

イロ・・・全部に嫌われてしま

ったようだ。



また、いつか出直して来る

ことにしよう・・・。
      
   
このあと、山を下り、少しずつ場所を変えて転戦しながら、少しイイ虫も採れた。

しかし、あくまでも目的は高山性三種の神器であったため、このあとの状況は勝手に

省略してしまう びおすけ なのであった・・・。



るどるふさんの採集記をご覧になれば、多少書かれているかもしれませんので、

興味のある方は ↓こちらでお読みください<(_ _)>

http://www.wrass.co.jp/log/index.html




今回の強行採集、お疲れさまでした>るどさん

また貴重な虫も多々頂いてしまいありがとうございました。亜高山性カミキリの採集って

いろいろとたいへんですが、しかし、これに懲りず、また来年リベンジしましょうね(笑)
 
     
     
採集できたムシ 「怒涛」の76種全種掲載 
   
※(R)=るどるふさんからのもらいもの
    
ムナビロナガゴミムシ
自販機の明かり 1ex.
クロツヤヒラタゴミムシ
自販機の明かり 2exs.
クロモリヒラタゴミムシ
街灯の明かり 1ex.(R)
      
ホソアトキリゴミムシ
自販機の明かり 1ex.
オサシデムシモドキ
伐採木 1ex.
オオサビイロモンキハネカクシ
自販機の明かり 1ex.(R)
        
キノカワハネカクシ
ハイマツ叩網 3exs.
ハイイロビロウドコガネ
下草 1ex.
クロアシナガコガネ
ショウマ類 3exs.
       
オオナガコメツキ
土場に飛来 1ex.
オオツヤハダコメツキ
土場に飛来 1ex.
メスアカキマダラコメツキ
ノリウツギ花上 1ex.
    
クロスジヒメコメツキsp.
ハイマツ花 5exs.
クロツヤハダコメツキ
イタドリ葉上 3exs.
クチブトコメツキ
イタドリ葉上等 6exs.
      
チャイロツヤハダコメツキsp.
イタドリ葉上 1ex. 
ゴマダラコクヌスト
民家薪 1ex.
キオビナガカッコウムシ
街灯の明かり 1ex.
   
ツツオニケシキスイ
伐採木 1ex.
スナゴミムシダマシ
自販機の明かり 2exs.
ハムシダマシ
街灯の明かり 1ex.
   
アオハムシダマシ
ショウマ花に多い 2exs.  
アカハムシダマシ
ショウマ花に多い 3exs.
キイロホソナガクチキ
自販機の明かり 1ex.
  
スジカミキリモドキ
ショウマ花に多い 3exs.
ホソカミキリ
街灯の明かり 1ex.(R)
オオマルクビヒラタカミキリ
カラマツ生木 1ex.(R)
  
クロカミキリ
土場他に飛来 2exs. 
ホソガタヒメハナカミキリ♂
ショウマ 1ex.
ホソガタヒメハナカミキリ♀
ショウマ 1ex.
   
マツシタヒメハナカミキリ♂
 ショウマ 1ex. 
マツシタヒメハナカミキリ?
ショウマ 1ex.
カクムネヒメハナカミキリ
シャクナゲ 4exs. (R)
   
オオヒメハナカミキリ
ショウマ 4exs.
ヨコモンヒメハナカミキリ♀
ショウマ 1ex.
チャイロヒメハナカミキリ
ショウマ 6exs.
   
ニセフタオビヒメハナカミキリ
ショウマ 7exs. 
チャボハナカミキリ
ショウマ 3exs.
クロルリハナカミキリ
ショウマ・ノリウツギ 5exs.
   
ヒメアカハナカミキリ
 民家薪 1ex.(R)
ツヤケシハナカミキリ
ショウマ・ノリウツギ 8exs.
アカハナカミキリ
アカマツ土場 1ex.
   
マルガタハナカミキリ
ショウマ 2exs.  
ムネアカクロハナカミキリ
ショウマ・ノリウツギ 2exs.
ツマグロハナカミキリ
ショウマ 2exs.
  
ヨツスジハナカミキリ
 ノリウツギ 2exs. 
フタスジハナカミキリ
ショウマ・ノリウツギ 3exs.
ホンドアオバホソハナカミキリ
ショウマ・ノリウツギ 5exs.
  
ニンフハナカミキリ
 ショウマ・ノリウツギ13exs. 
ジャコウホソハナカミキリ
ノリウツギ 1ex.
ミヤマホソハナカミキリ
ノリウツギ 1ex.
  
キヌツヤハナカミキリ
 ノリウツギ 1ex.  
ミドリヒメスギカミキリ
カラマツ生木 1ex.(R)
   
キスジトラカミキリ
民家薪 1ex.  
コトラカミキリ
土場 3exs.(うち1頭R)
オオアオカミキリ
土場 1ex.
     
エグリトラカミキリ
ノリウツギ・薪 7exs.  
クロトラカミキリ
ノリウツギ 1ex.
ホソトラカミキリ
ノリウツギ 1ex.
  
タテスジゴマフカミキリ
 伐採木 1ex.  
ビロウドカミキリ
街灯の明かり 1ex.
  
ニセビロウドカミキリ
街灯の明かり 1ex.  
フタオビアラゲカミキリ
伐採木 1ex.
ヒゲナガカミキリ
街灯の明かり 1ex.(R)
  
ゴマダラモモブトカミキリ
 伐採木 2exs. 
ニセシラホシカミキリ
飛翔中ネットイン 1ex.
カバノキハムシ
自販機の明かり 1ex.
  
キアシルリツツハムシ
イタドリ葉上 2exs.
ウリハムシモドキ
自販機の明かり 1ex.
ヨモギハムシ
ヨモギ葉上 2exs.
   
ウスモンツツヒゲナガゾウムシ
土場・薪 2exs.
ルリオトシブミ
イタドリ葉上 2exs.
ミヤマヒゲボソゾウムシ
イタドリ葉上多い 2exs.
  
ヒゲボソゾウムシsp.
イタドリ葉上多い 8exs.
ツチイロヒゲボソゾウムシ
イタドリ葉上等 4ex.
アナアキゾウムシsp.
薪 1ex.
   
アイノカツオゾウムシ
薪 1ex.
マツアナアキゾウムシ
街灯の明かり 1ex(R)
    

THE INSECT HUNTER 2003
inserted by FC2 system