THE INSECT HUNTER
2003
0502
  
神奈川

THE INSECT HUNTER 2003


 


   
春の低山性甲虫類探索



さて、ゴールデンウィーク真っ只中なわけですが、

後半3連休に仕事をしなくてはならなくなった びおすけであります。



というわけで、近場でGW最後の(泣)採集に行ってみました。

場所はいつもの西丹沢ですが、まだ探索したことのない林道2ヶ所へ行ってみるつもり。

1ヶ所はカエデの花狙いで、

もう1ヶ所は、今後の計画の下見といった感じです。



        
GWではあるが、高速道路はスムーズに

流れており、降りて国道に入ってから少し

混んでいたが、なんとなく流れていたので

特に時間をロスすることなく現場に向かう。

正面に富士山が見えているのだが、ちょっ

と霞んで見えにくい・・・。
        
 

難なく現場に到着し、適当に車を置いて

歩き出す。まだ歩いたことのない道なので

何が採れるか楽しみである。
   
     

歩き出してすぐにカエデを発見。

見れば花が鈴なりに咲いている。

いい感じなのだが、やや日陰が多いのが

気になるところ・・・。
   
      

早速、竿を伸ばしてスィープをはじめる。

    ガサゴソ、ガサゴソ♪

で、ネットの中をのぞくと・・・、ああ、やっぱ

りキミか!

キバネニセハムシハナカミキリ・・・→

      
       

 あとネットインするのは、おなじみヒナルリハナとかジョウカイ類。まだ時間が早く気温が

上がってないので、ムシたちは動き出してないのかな?

で、ここを後にして再び歩き始める。
 
       
   

ミズキの倒木があった。

ミズキ⇒ヒナルリハナという連想をしてしま

い、あまり乗り気もなく枝先を叩いてみる。

        トントントンっと♪


・・・・・おお?
    
 


おおお〜!クモノスモンサビカミキリ〜〜!

やった〜初採集だぁ〜(喜)

♂のせいか、思ってたよりも小さいカミキリ

だなぁ〜・・・。 でもうれしいー♪

よし!追加を採るゾ! トントントンっと♪

            



あっ・・・やっぱりいたのね、キミ・・・。

ヒナルリハナカミキリ・・・→



で、クモノスモンサビは結局、追加なし; ;
       
 

しばらく行くと橋が見えてきた。


橋ってなんとなく好きだなぁ〜。

向こう側へ渡ったら、別の未知の世界が

待ちかまえてるようで・・・。
         
 

橋を渡りはじめた時、上空から黒い影が

近づいてきた。 トビだ。

近くで見るとけっこうデカイ鳥だなぁ・・・。
        
 


橋からの眺め。 箱庭的な山の景観。

小さなピークがポコポコと連なっている。
               
  

しばらく行くと花満開のカエデがあった。

う〜〜ん、さっきのカエデよりいい感じ♪


早速竿をスルスルと伸ばす。
           
  

ジョウカイやコメツキ、ヒラタハナムグリなど

に混ざってカミキリも何種類か入っている。

ニセヨコモンヒメハナカミキリ→

ここらでいつも採れる型と比べると、黒い紋

がかなりはっきり出たタイプであった。
 
            
 

しばらくスィープを続けたが、いるのは「おなじみ&どこでも君」のキバネニセハムシ・ヒナル

リハナ・セスジヒメハナばかりであった。 ・・・まあ、こんなもんか・・。

さて、移動するかと竿を縮めると・・・ あれ?おかしい! 
 
         
   
ありゃりゃ!竿の底のキャップがないよ!

これじゃ〜縮めた竿がみんな反対から抜け

ちゃうじゃん!

探してみたが草むらの中に落としたらしく

どうしても見つからない。やっぱり安物の

タモ網竿ではこうなってしまうのね ; ;
       
 
仕方ないので、ネットを逆さに持ちながら歩くがどうにも歩きづらい。かといって5m伸ばしぱ

なしで持ち歩くというのもねぇ〜・・・。  やりにくいながらも叩き網で道脇のブッシュなどを

ビシバシと叩きながら歩いたが、登りが急にきつくなったので根性の無い自分は来た道を

引き返すことにした(笑)

        
で、そんなこんなで途中採れた雑甲虫の

一部を・・・。

モモキホソナガクチキ→

サクラの枯枝をポキポキ折っていたら出て

きました。ちょいビロウドホソナガ似だけど

なかなか良いムシである。
     
 

銅色光沢のあるコメツキ・・・。

なんかよく見かける種類だと思うんですけ

ど、名前不明・・・。
      
  

キアシヒメカネコメツキ→

ちょっと金属光沢があって、おお?と

思ったけど普通種らしいです。

名前は「キアシ」ですが脚黒いんですけど・・
    
 

マダニではないっす・・・;;

タカオマルクチカクシゾウムシ→


なんか、脚を伸ばしてもすぐ縮こまってしま

い、展足できない・・。

あとでちゃんとやります(笑)
       
 


これもゾウムシでクチブトゾウムシの仲間

だと思うんだけど、図鑑見てもイマイチよく

わからんです。
     
         

ルイスコメツキモドキ→

クロモジの枝を叩いたら落ちてきました。

普通種だそうで・・・。




と、まあ、こんな感じです。
     
 




その他、こんなゾウムシとか・・・
    
 





こんなカミキリや・・・
      
 



こんなヒゲナガゾウムシがいましたが、

採集はしていない・・・。
    
    
ちなみにチョウで見かけたのは、サカハチ・モンシロ・コミスジ・クロアゲハくらいであった。

別の林道ではウスバシロとかミヤマカラスも飛んでたんだけどなぁ〜。

ちょうど昼になったので、お弁当を食べて休憩タイム。


その後はもう一つの目的場所である林道へ向かうことにした。
           

その林道ではあるムシが採れるらしいのだが、その下見が目的である。そのムシが何か

は、いずれ採集できたらお知らせできると思う。で、採集できなかったら謎のまま・・・(笑)
 
    
 

車で林道の坂を登っていると道路脇に

大好物の粗朶が積まれてあった。

これは見ておかないといけませんな。
     
  

どうもキブシの粗朶らしい・・・と思って見た

ら、やっぱりいた。

コジマヒゲナガコバネカミキリ→

もう、すっかりおなじみである。
     
       



同じ枯枝にキバネニセハムシハナもいた。


触角お掃除中・・・・
     
 

さらに登ると、超満開のウワミズザクラが!

こ・・・これは掬ってみなくては!

やおら底抜けタモ網竿を伸ばして

     ・・・・ガサゴソ、ガサゴソ
    
 

見かけ倒しの花でした・・・; ;

カミキリといえば、トゲヒゲトラとキバネニセ

ハムシ・セスジヒメハナくらいしかいない。

そういえば、アオダモの花も見かけ倒し

だったよなぁ〜・・・。
    
 

で、さらに登ると目的の場所が見えてきた。

うう〜〜ん、ここらに「ヤツ」はいるのか・・。




よ〜し!時期が来たらがんばるぞ〜!
    
 

こうしてGW最後の採集は終了〜。 

特に成果はなかったけど初めての道を探索するのは、いつでもドキドキワクワクさせてくれる。

そういう意味では楽しかったけど、まあできれば

ついでに珍しいムシでも採れれば言うことはないのだが・・・。

今日の教訓・・・・安物買いの銭失い。



採集道具はいいものを揃えましょう・・・; ;


     
 
本日の成果  クモノスモンサビカミキリ 1ex.
         コジマヒゲナガコバネカミキリ 1ex.
         トゲヒゲトラカミキリ  2exs.
         ニセヨコモンヒメハナカミキリ 1ex.
         セスジヒメハナカミキリ 3exs.
         キバネニセハムシハナカミキリ  2exs.
         モモキホソナガクチキ 1ex.
         タカオマルクチカクシゾウムシ 1ex.
         ハナゾウムシsp 1ex.
         ハダカヒゲボソゾウムシ  1ex.
         クチブトゾウムシsp  1ex.
         カシワクチブトゾウムシ 1ex.
         キイロクビナガハムシ 1ex..
         ムナグロツヤハムシ 1ex.
         マダラアラゲサルハムシ 2exs.
         チビタマムシsp 2exs.
         キアシヒメカネコメツキ 1ex.
         コメツキsp 1ex.
         ルイスコメツキモドキ 1ex.
         カタベニケブカテントウダマシ 1ex.
         シロトホシテントウ 1ex.
         キアシカミキリモドキ 1ex.
         ホソアトキリゴミムシ 1ex.
         ハラアカモリヒラタゴミムシ 1ex.
           
     
 

THE INSECT HUNTER 2003
inserted by FC2 system