THE INSECT HUNTER
2002
1129
   
東京
THE INSECT HUNTER 2002



     
■ 初心者トリオが行く!



先に神奈川県某所において、ホソツヤルリを自力ゲットできずに口惜しい思いをし、リベンジ

の機会を耽々と狙っていたが、それは意外と早くやってきた。


それは今回初参加・大笑氏の「採集行きたい!」の一言で始まった。

大笑氏はクワガタをはじめ、色々な昆虫を飼育している方であるが、採集は未体験であるという。

最近クワガタの小型種にはまっているとのことで、一度は自分の手で国産小型種を採集したいと

思われての参加である。


もう一人はうめちゃん。

ネットはロム専のためまったく表には出てこない人であるが、学生時代からつきあいのある蝶屋さんである。

しかし、ここ数年はクワガタの飼育にはまっており、我が「灰色倶楽部」のメンバーの一人でもある。


ちなみにハネカクシも好きという捉えどころのない人間だが、冬の材割りの経験はないらしい。


肝心の採集場所であるが、ホソツヤ狙いの自分としては先の神奈川県某所等を考えていたのだが、

いろいろな種類が採れる可能性があった方が面白そうなので、東京西多摩郡の某所に狙いを定めた。


さて、採集未体験の大笑氏・冬の材割り初のうめちゃん・採集スランプのびおすけ という

なんとも頼りない「初心者トリオ」による初の合同採集。


いったいどうなることやら・・・。



    

うめちゃんと自分はびおすけ号で出発。

待合わせ場所で大笑氏とすんなり合流。

目的地に向かってひた走る。


う〜ん、いい天気になりそうだ。

朝日がまぶしいっス。
    
     
現場に到着し、早速登山開始!

ここにはちゃんとした駐車場があるのだがまだ開いていな

かったため、わざわざ下のルートから登り始めたのだが、

これが予想以上に急な登りで自分&うめちゃんが早くも

ダウン(笑)

大笑氏はなぜか元気?
        
       
やっと遊歩道にたどりつき、とぼとぼと歩き続ける。

早くもイヌブナが姿を見せはじめた。

川に沿って登り続ける。
        
        

大笑氏とルリクワ属の入ってる朽木について話しをしながら

歩いていたら大笑氏が早速産卵痕付きの材を発見した。


やったぜ!大笑氏!


早速割って見るとコルリの幼虫が顔をのぞかせた。

まだ入っていそうだ。
   
     
幼虫が何頭か続いて出たあと、最後に成虫を割り出した。

コルリ初採集!おめでとう大笑氏!

しかし・・・

幼虫フェチの大笑氏は幼虫の方がうれしかったようだ・・・。


           

その間、うめちゃんが急斜面を駆け上り、稜線に近い場所でブナの立枯れを発見。

ルリクワと思われる産卵マークを見つけたが、何も出なかったらしい。

大笑氏と自分は干上がった川沿いの明るい林を見つけ、産卵マークのある材をいくつか

見つけたので、ここでしばらく採集しようということになった。

そこにうめちゃんも合流。
          
    
日当たりが良くて、実に居心地の良い林だ。

それにコルリ材も見つけやすい・・・

ていうか、おいらはホソツヤルリ狙ってるんですけど!?

ホソツヤのポイントとなるアブラチャンが見当たらない・・・。

仕方ないからコルリ探そうっと!
    
         
自分は産卵マーク付きコルリ材を何本も見つけるものの、

なぜか何も入ってない。


しばらくしてうめちゃんが良さそうなコルリ材を見つけてきた。

嬉々として早速割り始めるうめちゃん。
    
        
おっと〜!早速出ましたコルリの♀!

「やっと出たぁ〜!」

うめちゃん安堵の表情です。コルリ初ゲットおめでとう!

これがまた、稀に見る成虫の当り材でこれ1本から出るわ

出るわ、♂7頭♀5頭を割り出したうめちゃんであった。
   
     

ここで、ふと気づくと自分は実況&撮影係りとなっていた!?

こんなんやってる場合じゃ・・

あわてて負けじと材探しを再開!

           
この間大笑氏は黙々と細い材を割っていたが様子を聞くと、

ちっこい幼虫がいくらでも出てくると言う。

見てみるとマダラクワガタの幼虫のようだ。

幼虫フェチ万歳!

一般的なマダラ材と比べるとちょっと固めな気がする材で

あった。
      
   

自分もうろうろと周辺のコルリ材を探して数十本めでやっと

幼虫が出てきた!

幼虫でこんなうれしいのは初めてかも?


しばらくしてうめちゃんが見つけてきた材を一緒に削らせて

いただく。
       
     
幼虫アパートでした・・・。

この1本で20頭近く採集・・・。




一応、飼育にチャレンジしてみるか・・。
       
    
近くで材を削っていた大笑さんが、

「クワガタじゃないのが出てきた」

と言うので見せてもらうと、キスジトラカミキリのテネラルで

あった。一応、持ち帰ったが傷ついているようだ。

     
コルリに飽きてきたのでちょっと目先を変えようと場所移動。
   
  
材を探しながら歩く大笑氏・・・。

見るからに怪しい後ろ姿だ。

  
もうひとつの川沿いを登ってみる。

なんだか妙に地面が固い気がするなぁ。


うむ。土がカチカチに凍っているのだ。

   
地面のあちこちに白いものが落ちてるので、はじめティッシュ

が散らばっているのかと思ったら、霜柱であった。

川の水は所々凍っていてツララが下がっている。

  
しばらく材割りを試みたものの、材は全てが固く凍っており、カッチカチ!

ナタやオノを「カチーーーン!」とはね返す始末。

このままでは腱鞘炎になってしまう。

結局、肝心のアブラチャン材も見つからず・・・。

少し寒くなってきたし、温泉にでも入って帰ろうということになり、帰路につく初心者トリオであった。
   

      

冬の材割り初挑戦の大笑氏とうめちゃんは、それぞれ成果

をあげてまあまあ満足されたようであった。

それにひきかえ、自分はホソツヤはおろか、コルリの成虫

すらゲットできず!


スランプはまだまだ続いているようだ・・・

  
予定通り、温泉に浸かり冷えた体を温めたあと、鍋焼きうどんを食いつつ、

今日の反省会を開いたのち、解散とあいなった。



大笑氏&うめちゃん、お疲れ様でした〜。


また一緒に採集に行きましょう!

        
うめちゃんのコルリ♂&♀


一緒にしたら、早速はじめました・・・。


こりゃ、すぐにでも産卵可能か?!


      

本日の成果  大笑氏:コルリクワガタ 1♂&幼虫数頭+マダラクワガタ幼虫たくさん
         
         うめちゃん:コルリクワガタ 7♂5♀&幼虫1頭
         
         びおすけ:コルリクワガタ幼虫のみたっくさん・・・成虫NULL
               (帰宅後うめちゃんに1ペアめぐんでいただく。情けなっ!)
    

THE INSECT HUNTER 2002

inserted by FC2 system